痴漢・セフレ・JKビジネス・男の欲望実現サイト

若い子好きな50代60代のおじさんが20代のセフレを作れる方法

若い女の子とつきあいたい、というのは男の永遠の願望です。

50代、60代になってもそれは変わりません。

20代の若い女の子とつきあいたい、イチャイチャしたい、エッチな関係になりたい、思いっきりセックスしたいですよね。

しかし、現実はなかなか厳しく、50代、60代ともなると若い子との出会いがなくなるわけです。

会社には若い子もいますが、最近はパワハラ、セクハラもあり社内の子を狙うわけにもいきません。

ですが、あきらめてはいけません。

実は、50代、60代の男性でも20代の彼女やセフレをつくることは難しくないのです。

女性であれば年齢を重ねれば重ねるほど恋愛は不利になりますが、男性は逆です。

男性は年齢が上がれば上がるほど若い女の子にモテるようになります。

単に出会いのきっかけがないだけで、出会えさえすればいくらでも彼女やセフレをゲットすることは可能ですよ。

今回は50代、60代の方向けの20代女性をゲットする方法についてお教えします。

アラフィフ、アラカン男性は年の差婚を狙うべし

いつの世も、年の差婚や年の差恋愛といったものを耳にすると思います。

ドラマでも年の差婚を話題にした名作は多く、こないだまでやっていた「パパ活」では、45歳の渡部篤郎と20歳の飯豊まりえが恋に落ちるというものでした。

渡部篤郎は実年齢は49歳ですから、ほとんどアラフィフですね。

テレビアニメになり、実写映画も公開される「恋は雨上がりのように」では、17歳の女子高生と45歳のアルバイト先の店長が恋に落ちるというストーリーです。

この「恋は雨上がりのように」は、女性人気が非常に高く、その中でも「女子高生の恋心に共感する!」といった意見が多くみられます。

すなわち、それだけ年上男性との恋愛に憧れる女性が多いということなのです。

自分よりもはるかに年上の男性に憧れる若い女の子は、たいてい、父親のイメージを重ねていたり、頼りがいや大人の包容力に惹きつけられています。

45歳~60歳といった年齢は、頼りがいもあり、人生経験を豊富に積んでいるため大人の包容力もあるという世代、このあたりが若い女の子のストライクゾーンであることはあまり知られていません。

50代、60代の男性は若い女性との恋愛や、セックスなどをあきらめる必要はないわけです。

むしろ、若い男性に比べて大人の魅力を持っているぶん、かなり有利だと言えます。

自分に自信を持って、積極的に出会いをつくることさえできれば若い子とつきあうのは難しくないんですよ。

自分が思う以上にモテることに驚くはずです。

年上好きの女の子を探そう

あなたがモテることがわかったところで、次に必要なのは「年上好きの女の子」を探すことです。

なぜなら、若い女の子全員が年上好きというわけではないからです。

50代、60代を恋愛対象として見ている女の子は10代、20代で探せば10人に1人くらいでしょう。

少ないように感じるかもしれませんが、出会えたときの確度が高いので、出会えさえすればあっという間に良い関係になれますよ。

年上好きの女性はとても積極的です。

女性側も年上男性に出会いたいと考えていますから、理想の男性だと思えば向こうからアプローチしてきます。

10代、20代の若い子と年の差恋愛がしたい、年の差婚がしたい、セフレになってほしい、というのであれば、とにかくたくさんの年上好き女性を探さなければなりません。

年上好き女性の特徴としては、

  • ファザコンの気がある
  • 母子家庭で父親の愛に飢えている
  • 過去に男性関連でトラウマがある

といった特徴があります。

もちろん、単なるおじさんが好きという子もいるのですが、年上好きの女性の傾向として「父性の愛」を求めており、甘えたがりが多いです。

外観に自信がなくても大丈夫

おじさんになって身なりに気をつかってないなあ、という人も多いかもしれません。

ビール腹でファッションもあまり気にしておらず、白髪交じりやハゲかかっている、こんなおじさんに女の子がなびくのか心配かもしれません。

ですが、それは問題になりません。

実はおじさん好きの女性にとって外見なんて清潔感があれば、どうでもいいからです。

みなさんは女性を容姿で選びますよね。

顔が可愛い、スタイルがいい、胸が大きい、太ももがムチムチしている、など、惹きつけられる部位があるはずです。

しかし、おじさん好きの女性は外観ではなく父性に魅力を感じているので、そういったことは関係ないのです。

10代、20代の女性にとって、50代、60代の男性は自分の知らないことをたくさん知っていて、父性の魅力を持ち、甘えさせてくれる存在です。

若い男と違い厳しい社会を経験していることからも、そうした大人の経験や落ち着きに魅力を感じるわけです。

そのため、中年、中高年だろうと問題ありません。

たとえビール腹でも、チビでも、デブでも、ハゲでも、若い彼女やセフレが作れるのです。

たまに街で見かける年の差カップル、なぜあんなオヤジが若くて美人な子を連れているのか不思議に思ったことはありませんか?

おじさん好き女性にとって外見は関係ないのです。

ですから、無理だとネガティブになる必要はなく、おじさん好き女性に積極的にアプローチしていきましょう。

おじさん好き女性はどこにいる?

ここまで読んできて、おじさん好き女性をどうやって探せばいいのかと疑問に思われたかもしれません。

ナンパや街コン、相席居酒屋といった出会いツールでは難しいことはおわかりかと思います。

そもそも女の子が「おじさん好きであるかどうか」がわからないからです。

そこでオススメなのが、出会い系サイトを利用して、おじさん好きの若い女性を見つけることです。

出会い系サイトというと怪しい感じがするかもしれませんが、スマホが必需品になった今、気軽に出会えるツールとして若い女性の間では常識になっています。

特に大手出会い系サイトともなれば、女性誌にも広告をだしており、10代、20代の女性が毎日かなりの数登録してくるほどです。

昔は「出会い系」というと「テレクラ」みたいなイメージがありましたが、今の子たちからすれば「スマホで気軽に出会えるサイト」くらいに考えているのです。

「出会い系サイト」は、最初から「出会う」という目的で利用している子が多いので効率的に彼女やセフレを見つけることができます。

特におじさん好きの女の子は様々なキーワードをちりばめているので「キーワード検索」で「ファザコン」などで検索するとたくさん見つかりますよ。

出会い系はスマホ1つで利用できますから、スキマ時間にでも女の子を見つけることができます。

そして、料金システムは男性は有料、女性は無料なのですが、男性が有料というハードルがあるため、学生やフリーターのような若い男が登録をあまりしないため、ある程度余裕のある男性が有利になります。

これが完全無料や定額制のサイトだと時間がある若い男の方が有利になってしまいあなたが不利になります。

ですから、出会い系を使うのであれば男性有料で女性が多く登録している大手出会い系サイトに登録しましょう。

有料とはいっても、月々5,000円もあれば10人くらいと連絡先交換できますし、その中の何人かとは確実に出会えますよ。

最後に

若い女の子とつきあいたい50代60代のおじさんが20代の彼女/セフレをゲットする方法、いかがだったでしょうか。

もしあなたが「おじさん好き女子」と出会ってつきあったりセフレにしたりするなら誰かにとられる前に「出会い系サイト」に登録するべきですよ。中でもワクワクメール(R18)が絶対にオススメですね。



≫ 公式サイトはこちら(R18)

TwitterやSNS連動のマッチングアプリなど様々な出会い系を試しましたが、ワクワクメールが最も簡単で期待通りの出会いをすることができました。

期待通りというのはもちろん、今あなたが考えていることが実現できるサイトということです。

最近のワクワクメールは恋活の要素も強く打ち出していますし、セフレ、援交、割り切り、変態、乱交といったものを求める女性の投稿が毎日10万件以上もあります。

あなた好みの子と最速で出会えるサイトがワクワクメールなのです。

無料で登録することができますし出会うまでにお金もほとんどかかりませんから、もしあなたが少しでも人生を変えたいなら気軽に登録してみてください。

今ならこのサイト経由でユーザー登録していただければ特別に無料ポイントが手に入りますからさらにお得です。

このサイトでも私の体験談をレポートしていますので参考にしてみてください。


ワクワクメール公式ページ(R18) ワクワクメール100人の口コミと評判|出会いの攻略法【2020】