痴漢・セフレ・JKビジネス・男の欲望実現サイト

日本で素人の売春婦と出会うには?出会い系でエロい体験ができる方法

売春婦は人類史上最古の職業とも言われ、さらに聖職として扱われていました。

女性が男性に性的なサービスを提供し、金銭を得る。

とてもシンプルでかつ、国によっては軍隊などでも取り入られている職業です。

例えばオランダでは売春が国に認められており、首都のアムステルダムは売春街としても有名で観光地になっていますね。

しかし、日本では「売春防止法」といった法律で売春は禁止されています。

ですが、この売春防止法、実は「売春は違法だけれども罰則なし」という法律なのをご存じでしょうか。

なぜ、そんなルールになっているのか?

今回は日本での売春婦の実態に迫ります。

売春をする人は「保護の対象」

売春防止法では「何人も、売春をし、またはその相手方となってはならない」と規定しています。

しかし、これは罰則を伴わない「訓示規定」と呼ばれるものです。

訓示規定とは、裁判所や行政庁に対する命令の性質を持ち、これに反しても、その行為の法的効力に影響がないとされるものです。

どうして「違法」なのに処罰がないのでしょうか。

実は法律が売春をする人を処罰しない、と定めているのは「売春をする状況におかれた人は、保護すべき対象だ」と見なしているからなのです。

つまり、売春をせざるをえない状況に追い込まれた人を社会的弱者としてとらえ、保護すべきであるとしているので罰されることはないのですね。

なので、18歳以上であれば援助交際や売春は「自己責任」として扱われ、買う側も売る側も逮捕されることはありません。

援助交際や売春で逮捕されるケースは以下の通りです。

  • 公衆の場で売春の勧誘をした場合
  • 他人に売春をさせたり、売春を助長する行為をした場合
  • 人をだましたり困惑させて売春をさせた場合
  • 売春をさせる契約を結んだ場合
  • 売春を行うための場所を提供した場合
  • 売春をさせる業を営んだ場合
  • 売春する側が18歳未満の場合

特に売春の相手方が18歳未満の青少年だった場合、買った側が児童買春、自動ポルノ禁止法違反で厳しく処罰されます。

ですが、18歳以上で個人の売春婦とエッチした場合は、何の罪にもならないのです。

ここでソープにいったことがある人は疑問に思うかもしれません。

ソープランドって売春を行うための場所を提供したり、売春をさせる業種だよね、と。

しかしながら、ソープランドは性風俗店でありながら公衆浴場の扱いであり、お店は女性を管理していないということになっています。

たまたま、女性が入浴のお手伝いをしてくれるお店に来たらエッチしてしまった、ということにしているのです。

要するに、日本では売春をしても問題ない、というのが答えです。

デリヘルやピンサロでもエッチをしてしまうことがあると思いますが、これも組織的に管理されていなければ店が処罰されることはありません。

また、個人の売春婦も組織ではないので、エッチすることができるのです。

日本で売春婦といえば、風俗店ではなく素人の個人がしているのが普通です。

そのため、時間制限や規制などもなく、好きにエッチができますし、素人ならではの楽しみ方ができるのが特徴ですね。

そんな売春婦と知り合うにはどうすればいいのでしょうか?

売春婦はネットで簡単に見つけられる

かつて、売春婦といえば「立ちんぼ」のように飲み屋街、ホテル街で立って客を探したり、「テレクラ」で相手を見つけるのが普通でした。

しかし、これでは効率が悪いことはおわかりでしょう。

インターネットが普及するにつれ「立ちんぼ」や「テレクラ」で相手を見つける売春婦は激減しました。

今でも「立ちんぼ」はいますが、ほとんどが中国人であり、ぼったくりの可能性もあるので相手をするのはやめましょう。

では、売春婦はネットのどこでお客さんを見つけているのか?

答えは簡単で「出会い系サイト」のアダルト掲示板やプロフィールでです。

試しにのぞいてみてください。かなりの数の売春婦が募集をかけています。

出会い系は、地域別に掲示板もわかれており、ユーザー数も非常に多いため、素人の売春婦が相手を募集するにはうってつけの場所なのです。

売春といってもエッチだけではなく手コキやフェラなどで稼ぎたいという子も多いんですけどね。

私が出会った中ででも一番良かったのは18歳現役の子で、本番から何から大丈夫という子でした。

しかも、事情があって売春をはじめたらしく、慣れていないウブな子だったため、私が色々教えてあげることができました。

出会い系で売春婦を探すと、たまにこういった出会いもあるので楽しいですよ。

風俗店でオキニを探すよりも安く遊べますし、可愛い子も多いです。

風俗より個人の売春婦の方が良いワケ

なぜ風俗より個人の売春婦の方が良いのでしょうか?

その答えは女の子の手取りにあります。

あなたがヘルスでお店に90分25,000円払うとします。

女の子の手取りはいくらだと思いますか?

正解はおよそ半分なので12,500円が女の子の手取りとなります。

しかも、ここから「雑費」といって経費のようなものが引かれてしまうため、さらに少なくなります。

ですが、個人の売春婦は店にお金をとられることもありませんし、納税の義務もないのでまるまる手取りが手に入ります。

また、個人なので値段やプレイの幅も交渉できます。

私はハメ撮りが好きなので撮影を交渉したりしますし、顔出し無しなら無料でOKという子もいます。

撮影されることでより濡れる子もいますから、何度も出会うと楽しいですよ。

売春をする側も、信用できる相手とエッチした方が楽ですから、お互いにとって良い関係が築けるのです。

風俗店ではサービスや価格も決まってますし、どんなに深入りしようとしてもあくまでも接客としてしかこちらを扱ってくれません。

しかし、個人の売春は交渉次第でいくらでも幅が出せますし、関係も深くできますよ。

出会い系なら18歳未満にひっかからない

よく18歳未満の子と援交して逮捕されるニュースなどを耳にしますが、道ばたで援助交際を誘われたりしても相手の年齢はわかりません。

18歳と言っておきながら、実はそれ以下だったということもあります。

しかし、出会い系サイトであれば身分証明書かクレジットカードで年齢認証しないと利用できませんから、18歳未満と知りながら関係を持つことはできません。

出会い系で見つけた素人の子はエッチする際のリスクがかなり低いので「出会い系サイト」で見つけるのが一番ですよ。

しかし、風俗店のハズレ嬢と同じく、出会い系でもハズレはいます。

個人ではない違法デリヘル嬢や、やる気のない売春婦にあたってしまうこともあるのです。

ですが、これらは見分けることができます。

簡単な見分け方として、最初の交渉において、なるべく細かく話をしておくことです。

業者は長期的な交渉や、細かな調整はしたがりません。

いきなり売春の交渉をするよりは、雑談からはじめておかしなところがないか、様子を探っていきましょう。

業者の場合は女の子がやりとりをしていないので、返し方などを見ていると不自然だと感じるはずです。

また、会うことになったとして待ち合わせ場所にまったく違う子が来た場合はそのまま帰りましょう。

相手もしつこくしてくることはないので大丈夫ですよ。

メールのやりとりの中で相手の人柄を判断することは普通に出会うときにも重要なプロセスになるので、スキルを磨いていきましょう。

たくさんの売春婦と出会うなら大手の「出会い系」を使おう

出会い系サイトはかなりたくさんの数がありますが、オススメは運営を10年以上している大手の出会い系です。

大手出会い系は、悪質な業者やユーザーを排除するのに力を入れているのでハズレを引く可能性も低いです。

また女性誌に広告をバンバン出しているので、若い子が登録してくることが多く、色々なタイプの売春婦がいるので、選択肢も豊富ですよ。

不景気が叫ばれる今、お金のない女子大生やギャル、シングルマザー、OLさんまでもが売春を行っています。

ぜひ出会い系でお気に入りの売春婦を見つけて、楽しいセックスをしましょう。

最後に

今回は日本で素人の売春婦に出会ってセックスを楽しむ方法を紹介しました。

もしあなたが可愛い素人の売春婦に出会いたいなら、今すぐにでも「出会い系サイト」を利用すべきですよ。中でもワクワクメール(R18)が絶対にオススメですね。



≫ 公式サイトはこちら(R18)

TwitterやSNS連動のマッチングアプリなど様々な出会い系を試しましたが、ワクワクメールが最も簡単で期待通りの出会いをすることができました。

期待通りというのはもちろん、今あなたが考えていることが実現できるサイトということです。

最近のワクワクメールは恋活の要素も強く打ち出していますし、セフレ、援交、割り切り、変態、乱交といったものを求める女性の投稿が毎日10万件以上もあります。

あなた好みの子と最速で出会えるサイトがワクワクメールなのです。

無料で登録することができますし出会うまでにお金もほとんどかかりませんから、もしあなたが少しでも人生を変えたいなら気軽に登録してみてください。

今ならこのサイト経由でユーザー登録していただければ特別に無料ポイントが手に入りますからさらにお得です。

このサイトでも私の体験談をレポートしていますので参考にしてみてください。


ワクワクメール公式ページ(R18) ワクワクメール100人の口コミと評判|出会いの攻略法【2020】