【見逃し注意】女性が出すお持ち帰りOK4つのサイン

出会い系サイトで出会った女性との食事や飲み、もしくは職場で気になった女性とのデート。
その先にあるのは「お持ち帰りできるかどうか?」ですよね。

しかしながら、ホテルに誘って断られたら気まずい、次のチャンスが無くなるかもしれない、と思ってなかなか踏み出せないもの。
そんなときに限って女性は「なんで誘ってくれないんだろう?」なんて不満に思っていたり。
女性側から「今日はお持ち帰り大丈夫ですよ♪」なんて言ってくれることはありませんが、
実は「察して」というように「お持ち帰りOK」のサインを出しているものなのです。
これを知らないでいるとせっかくのチャンスを逃す事になりかねませんよ。

明日予定ないんだよねー(60%)

デート中にさり気なく「明日とか予定ある?」みたいな話を振ってみましょう。
「明日、朝早いの?」とか、「この後、なにか用事ある?」みたいな聞き方でも構いません。
「うーん、特に」という感じであれば、お持ち帰り度は60%あると考えて構いません。

ただ、本当に予定がないだけかもしれませんので、さらに他のサインを出しているかを確かめるのが良いですね。
また、この時点で「明日、早いんだ」とか「この後、友達と用事が」みたいな状況であれば、今日のところは脈がないので、深追いをしないようにしましょう。
次のチャンスを逃してしまうかもしれないからです。

終電近くなっていても時間を気にしていないようであれば「お持ち帰り率」は高くなります。
「終電大丈夫?」と訊いて、「うーん、多分」とはぐらかすような感じであれば、終電を逃しても大丈夫、むしろ、終電を過ぎてからの展開に期待している可能性が高く、お持ち帰り率は80%まで上がります。

恥ずかしそうに目線をそらす(70%)

目線をそらすといっても、こちらを全く見てくれない、というのでは脈がありません。
そうではなく、チラチラ見てくるというか、眼があったと思ったら外らされるような、微妙な感じがサインです。

また、向かい合っている状況よりも、映画を見ている時や、並んで歩いている時、買い物の最中などに顔に視線を感じたら脈があります。
女性の目線というのはこちらに興味がある場合は、こちらを自然と追ってくるものだからです。
向かい合って食事をしているときでも、眼と眼が合う回数が多いように感じたら、相手がこの後を期待している可能性がより高いと判断して構いません。

その状況であれば物理的な距離を詰めることが出来ますので、次のステップへ進みましょう。

物理的に距離が近いまま&ボディタッチ(80%)

目線で避けられていないことがわかったら、あとは物理的に距離を詰めましょう。
バーで横並びの席で肩を寄せ合ってもいいですし、手を握っても構いません。

カウンター席だとわかりやすいので、食事後であればそういった店に立ち寄るのも手です。
女性が自ら身体を近づけてくる、顔を近づけて会話してくるのは距離をもっと詰めたいという女性の気持ちの現れです。

こちらからも距離を詰めてみて、身体を引かないか確認してみましょう。
また、さり気なくボディタッチをしてくるようであれば更に期待できます。

さりげなく手を触ってくる、肩が触れても離れない、などのように身体が触れ合っても心地良い状態であれば次に進むことができます。

酔っちゃった……(90%)

どれだけ距離が近くても「今日はエッチはまだ早いかな」と考えている子もいます。
そういうときに最後の確認として「酔っちゃった」「眠くなっちゃった」というような言葉がでるかどうかです。
女性は警戒している男性と会っているときに泥酔するほど飲むことはありません。
もし女性が「酔っちゃった」ということは本当は酔っておらず、どこか静かなところへ行きたい、と伝えていることに他なりません。

単にもっと甘えられる場所に行きたい、と行っているだけなんですね。
もしそう振られたら「じゃ、静かなところへいこっか」といってそのままホテルへ向かうくらいでも構いません。

まとめ

女性の心はなかなか複雑なものです。
エッチしたいな、エッチしてもいいな、と思っている相手であっても「今日の下着はいまいちだし」「もうちょっとロマンティックな日がいいな」「生理だからなあ」などと様々な理由でエッチできないこともあります。

だからこそ、「エッチしたい」と女性側が思っているタイミングではこうした「エッチしてもOK」サインを見逃さないことが重要になります。
そして、気持ちによって大きく変わることが多いため、待ち合わせから「エッチしてもOK」サインを出してくることは少なく、緊張がほぐれてきたり、気持ちがのってきてからサインが出ることが多いのです。

こうした「エッチしてもOK」のサインを見逃してしまうと、結果として次のデートにつながらないといったことが発生しますので、注意深く女性を観察してください。

女性によっては複数のサインを出すこともありますし、1つのサインしか出さないこともあります。
なので、見極めづらいこともありますが、サインなのかどうかどうしてもわからない場合は最後に「少し休んでいく?」とか「二人きりになりたいな」などのように、ソフトな感じで誘ってみましょう。

女性のサインを見逃さないようにし、チャンスを活かしてくださいね。