誰にでも簡単にセフレが作れる方法を教える【5つのやり方とも比較】

「セフレを作るにはどうしたらいいのか?」

「どの方法が最も確実で効率が良いのか?」

疑問に思っていますよね。

この記事では、私OZACCが10年の歳月をかけて試してきた5つのセフレの作り方のメリットとデメリット、そして最も確実で効率が良い方法をお教えしています。

また、サイトでは作った後に関係を深めていくための方法も合わせて公開していますので是非参考にしてみてください。

セフレにすでに飽きていて関係を終わらせたいという場合の方法もお伝えしていきます。

私は、現在39歳でコミュ障、ルックスは下の中というスペック、かつデブです。

元々、女性と話すのが苦手でほとんど縁が無い生活を送っていました。

ですが、性欲は人一倍あり風俗などに通う日々。

いわゆるオキニを見つけて満足しようとしていたのですが、心は満たされません。

そこで、ナンパのバイブルと呼ばれるような本を読みセフレを作ることにチャレンジしてみることにしました。

実際に試したセフレの作り方

  • ナンパ
  • ナイトクラブ
  • キャバクラ(セクキャバ)、ガールズバー
  • 風俗(ソープ、ヘルス、イメクラ、ピンサロ、オナクラ)
  • 出会い系

結論から言ってしまうと、デメリットなく最も確実にセフレを作れる方法は「出会い系」でした。

その理由を他の方法と比較して明確に示していますので、参考にしてみてください。

では、ここからそれぞれの方法について私が試したことを踏まえて解説していきます。

また、実際にセフレを作ることができた接し方や、関係を深めていくためのノウハウを具体的に書いており、「セフレの作り方」に関するすべてのことがわかるようになっています。

私はセフレを作れるようになってから、本当に人生が変わりました。

あなたも、作り方と作った後の関係の深め方をあわせて身につけてさえいただければ、素敵な日々を過ごすことができるはずです。

もちろん、あなたが今気になっている同僚や友だちのあの子だってセフレにできてしまいますよ。

ナンパでのセフレ作り

好みの女性と出会うのに最もわかりやすいのはナンパではないでしょうか?

イベント時の繁華街や夏祭り、コミケといったテンションが上がっている状態でのナンパは定番で、うまく連れ出してエッチし、そのままセフレにできてしまうというパターンです。

このほかに道ばた(ストリート)で行うナンパを「ストナン」といい、口説くのが成功してそのままラブホテルへ詰め込めると「即」と呼びます。

そんなナンパのメリット、デメリットを私が実際に体験した内容を交えてご紹介します。

ナンパのメリット

タイプの女の子をターゲットにできる

ナンパのメリットというのはなんといっても「タイプの女の子をターゲットにできる」ことです。

要するに顔やスタイル、服装を見てから声をかけることができるので、好みの子をターゲットにできるわけですね。

ネットでの出会いと比べると顔が見えるので、会ってみたら好みじゃなかった、といった失敗をさけることができます。

タイミング次第で成功率が上がる

ナンパは、時期や時間などのタイミングをはかると成功率をあげることができます。

成功率の高いシチュエーション

  • 夏の海
  • クリスマズシーズンの夜
  • 卒業シーズンの開放的になっている女子大生
  • 土日祝日前夜の駅付近
  • イベント会場(お酒が入るイベントだとなお良い)

このようにシチュエーションを見極めて行動すれば、道ばたで突然声をかけるよりも高い成功率で口説くことができます。

逆ナンのチャンスもアリ

最近は、男性に限らず女性もナンパ(逆ナン)することが増えました。

ナンパをしているときに逆に女の子に「遊ばない?」なんて声をかけられ、そのままセフレになることもあります。

ただし、この場合は見た目が良くなければなりません。

ナンパのデメリット

ここまで話を見てみると良さそうに見えるかもしれません。

しかし、ナンパは成功する人が限られる上にデメリットが数多く存在します。

ナンパのデメリット

  • イケメン(雰囲気イケメン)でないとほぼ成功しない
  • 夜遅くから早朝など時間が限られる
  • 好みの子が通りすがるまで待たなければならず、必ず成功するわけでもない
  • 体力的につらい
  • 迷惑行為として警察を呼ばれることもある
  • 精神的にタフでないと続かない

手軽に見えて意外とハードルが高いのがナンパなのです。

お金はほとんどかからないのですが、時間と体力、精神力を使うのが問題ですね。

私も新宿の歌舞伎町で3ヶ月ほどナンパを試してみましたが、多くの場合は「無視される」「罵声を浴びせられる」「警察を呼ばれる」「彼氏がでてきてもめる」といったような散々な結果となりました。

女性から素っ気なくされると落ち込みますし、収穫がない日はただただ疲れただけ、ということになります。

疲れるだけならまだ良いのですが、多くの女性に拒否されるというのは精神的にきつい状況ですから、絶望感が襲ってくることすらあります。

イケメンでメンタルが強く、体力が相当ある人にはナンパは良い方法なのですが、普通の人には向いてません。

セフレを作る上で最も効率が悪い方法といっても過言ではないほどです。

クラブでのセフレ作り

ナイトクラブは男女がお酒を飲みながら踊り続ける場所です。

男女の距離も近いですし、会場も薄暗いため、出会ったばかりの相手と一緒に踊ったり、身体を抱き寄せたりすることができます。

その場のノリで仲良くなることができ、踊って意気投合すればそのままホテルへ行けることもあります。

私が実際にクラブに行ってわかったことですが、クラブの中では良くても外に連れ出した瞬間にダメになるケースが多いです。

行ってみたクラブや東京の渋谷や六本木、大阪の梅田や難波の大きな箱だったので、色々な女の子がいましたし、身体を寄せ合って踊るのは悪くない経験でしたが、踊り終わったあとにセックスまで持ち込むのが至難の技だったのでえす。

様子を見ていると彼女たちは「踊りに来ている」「音楽やノリを楽しんでいる」のであって、男女の仲を求めているわけではないようです。

そういった女性は一緒に踊ることはできるのですが、口説いたりセックスを匂わせたりするだけでイヤな顔をされ、時には警備員を呼ばれます。

クラブは音楽が激しい部屋で踊っているので、女性とゆっくり会話することも難しいですし、会話から仲良くなってエッチまで持ち込むことができないのです。

お店によってはVIPルームがあるので、そこに女性を連れ込めればゆっくり話すこともできますが、別料金で10,000円くらいかかるので得策ではありません。

VIP席も使ってみましたが、部屋代の他のお酒代もかかりますし、セックスまで持ち込むのが本当に大変でした。

これらのことから、ナイトクラブは女性と抱き合ったりすることができるものの、セフレ作りの場としては向いていないことがわかります。

キャバクラ/ガールズバーでのセフレ作り

次に思いつくのは、キャバクラ(セクキャバ)やガールズバーではないでしょうか?

お金さえ出せば女性と話す機会がありますし、相手も優しく接してくれますからセフレ化は難しくないように思えます。

また、セクキャバであればいきなりキスしたりおっぱいを揉めたり吸ったりできますからより楽勝なのではと感じるかもしれません。

しかしながら、私はキャバクラやセクキャバ、ガールズバーに通っていますが正攻法では一度もセフレにすることができませんでした。

いわゆる「店外デート」は簡単にできるのですが、それはあくまでも営業活動の一環でお金がかかるだけで一向にヤレません。

メールアドレスやLINE、電話番号の交換などは簡単にできるのですが、結局は「お店に来てね」ということになってしまいます。

友だちがキャバクラ嬢にはまって100万以上つぎ込んだ結果、1回だけセックスできたようですが、結局は金づるということです。

キャバクラやガールズバーの子たちはお客を諭吉としてしか見ていません。

お金が払えなくなった途端、連絡が途絶えることがほとんどです。

お金を払い続ければエッチをするチャンスもあるのですが、それはセックスフレンドとは言えませんよね。

キャバ嬢をセフレとしてゲットしたいと考えている人は多いのですが、お客として店に通っている以上それは難しいです。

風俗(ソープ、ヘルス、イメクラ、ピンサロ、オナクラ)でのセフレ作り

では、風俗で出会う子はどうでしょうか?

ソープ、ヘルス(ホテヘル、デリヘル)、イメクラ、ピンサロ、オナクラ、こういったお店に勤める風俗嬢の子であればエッチに持ち込むのは難しくないと感じるかもしれません。

こちらが優しく接していれば、向こうも優しく接してくれますから、これまで女性に相手にされなかったりすると途端にはまってしまいます。

ソープ以外はヘルスプレイで本番禁止ということが多いですが、実際はセックスができることも多いです。

セックスまでいけるのだから、セフレ化は楽勝では?と考えてしまいがちですが、

残念ながら風俗嬢をセフレにできる確率はほぼありません。

彼女たちはあなたとセックスする以上に他の何人もの男たちとセックスしているからです。

私はある手段で風俗嬢をセフレにし本音を聞いてみましたが、

風俗嬢の本音

  • 客はあくまでも客、サービスを提供しているだけ
  • 仕事として恋人のように振る舞ってあげているだけ
  • 店外デートはサービスの一環

というように、あくまでもサービスであるというのが彼女たちの主張です。

仲良くなれたとしても、お店を変えたり風俗から足を洗ってしまえば連絡がとれなくなります。

相手がサービスだと考えている関係に先はありません。

ブサイクなヤリチンからのアドバイス

このように様々な方法を模索していたころ、ある不細工なヤリチンと知り合いになりました。

見た目はドランクドラゴンの塚地にそっくりで、体型もデブでしたから、最初はハッキリ言ってモテからはほど遠い存在だと思ったほどです。

しかし、彼は月に10人くらいの新規の子とセックスをしており、ヤッてる証拠の写真まで見せてくれました。

彼は私にこう言いました。

「ブサメンはナンパなんて非効率な方法を使うべきじゃない」

「とにかく出会いの数を増やすことが大事。多人数に一気にアプローチできるSNSや掲示板、出会い系が最強」

「ちゃんとした方法さえ使えばイケメンでなくてもセフレはつくれる」

要するに顔が良ければセフレができるというわけではなく、セフレができる人は戦略を持って行動しているというのです。

確かにかなり可愛くても彼氏がいない女性もいますし、ブサメンなのに可愛い彼女をつくっている男もいます。

ルックスはとっかかりになるものの、本質ではないわけです。

そして、彼は効率的な出会い方として「出会い系サイトでのやりとり」を見せてくれました。

出会い系サイトの特徴

  • 出会い系には出会いを求めている人が集まっているのでセフレ作りには最高
  • 出会い系サイトに掲示板があり、それで一気に大人数とやりとりできる
  • たくさんの女性の興味を引くこともできるのでセフレ化は難しくない

彼のアドバイスで目覚めた私は、早速出会い系サイトに登録し自分自身で色々と試行錯誤を繰り返しました。

結果として、彼が言った以上の可能性が出会い系サイトにあることがわかり、そのノウハウを活かすことで日常生活でセフレを作れるほどにまでなりました。

出会い系でのセフレ作り

「出会い系」というと響きが悪いかもしれませんが、最近は「マッチングサイト」と呼ばれることも多く、FacebookのようなSNSと変わらない扱いを受けています。

出会い系サイトは出会いを求めている男女が登録し、メッセージを交換したりしながら交流するサイトです。

かつてはアングラな感じがして怪しいといったイメージもありましたが、最近はきちんと運営をしているサイトも多いので、インターネットを通じた出会いというのは身近になっているわけです。

なぜ出会い系サイトが最適なのか?

出会い系サイトは男女に出会いの場を提供するものですが、それはナンパやナイトクラブ、キャバクラ、風俗も同じだと感じるかもしれません。

しかし、出会い系サイトが絶対に良いという理由がいくつもあります。

出会い系サイトのメリット

  • 手軽にいつでもどこでも使える
  • 利用者の数が多い
  • ライバルが少ない
  • お金がかからない
  • 出会いを求めている女性が登録している

手軽にいつでもどこでも使える

まず最大のメリットは、手軽にセフレ探しができるということです。

例えば、通勤電車の中でサイトを眺めて好みの子を見つけても良いですし、寝る前にベッドの中で眺めても構いません。

いつでもどこでも女性を探せるというのは隙間時間を活かせるということで大きなアドバンテージがあります。

利用者の数が多い

たくさんの人が利用しているというのも魅力です。

国内最大級の出会い系サイトは登録者数2,000万人を超えており、街中を歩いているあの子だって登録している可能性があるのです。

また、複数の出会い系を活用することで、より出会える確率を高めることができます。

年齢、容姿、趣味、性格など、検索機能もあるので街中を歩いて探すよりよっぽど効率的です。

ライバルが少ない

ナンパ、ナイトクラブ、キャバクラ、風俗、などに共通することですが、そもそもライバルが多すぎます。

出し抜いて気に入られるためには、立ち回りやルックス、トーク力が求められますし、尋常ではない手間とお金がかかります。

一方、出会い系であればライバルがかなり少ないため、普通に相手をしているだけでゲットできる可能性が高いのです。

ライバルが少ないことにより、あなたのルックスやトーク力、財力が低くても勝てる可能性が非常に高く、セフレを簡単に作れるようになっているわけです。

お金がかからない

キャバクラ、風俗、といったお店を通じて出会う場合は、1回あたり数万円かかります。

しかも、1度通ったくらいでセックスできるはずがありませんから、何度も通う羽目になります。

客の中には医者や弁護士といった高給の人間もいますから、普通のサラリーマンには太刀打ちできません。

ですが、出会い系サイトの場合はこれらのライバルとかち合うことはありません。

費用もサイトの利用料金しかかかりませんから、誰にだってチャンスがあります。

メッセージの交換をするたびにポイントを消費しますが、月に2,000〜3,000円もあれば複数の子とエッチすることができます。

利用するならどの出会い系サイトが良いか?

様々な出会い系サイトがありますが、人気に便乗した詐欺サイトもあるので、しっかりとしたサイトを選びましょう。

私が色々と検証した結果、雑誌や街中でちゃんと宣伝されているサイトは強いです。

なぜなら、街中を歩いている子がその宣伝を見て登録することで登録者数がドンドン伸びていくからです。

宣伝されていないサイトには人が集まりませんから、アルバイトなどがサクラとして水増しするようなことが起きます。

結論を言ってしまうと、数ある出会い系サイト、アプリの中で利用者数の多い大手を選ぶのが一番です。

街中や雑誌で宣伝されているサイトの中で、私が利用してセフレを作れているサイトは以下の通りです。

証拠として雑誌で特集されている記事も載せておきますね。

PCMAX

引用元:2019最新セフレの作り方(裏モノJAPAN別冊)

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

PCMAXは大人な出会いが目的の女性が他のサイトと比較してダントツで多いです。

何度かメッセージをやりとりして意気投合さえすれば、その日のうちにホテルまで行けてしまうこともよくありますね。

積極的な人が多く登録しているので、他のサイトと比較しても出会うまでの時間が圧倒的に短いです。

また、出会い系サイトは業者やサクラという実際に出会うことができないユーザーが登録していることもあるのですが、PCMAXは運営側が取り締まりをしているのでそのようなことはありません。

業者やサクラがいない分、素人の子と出会える確率が最高に高まっていると言っても良いでしょう。

ワクワクメール

続いてオススメなのがワクワクメールです。

引用元:2019最新セフレの作り方(裏モノJAPAN別冊)

ワクワクメールにはこの記事にあるように「年齢気にしません」というタグがあります。

これは女性が出会いを求める掲示板に投稿する時に利用するもので「相手の男性の年齢は気にしません」という意味となります。

要するに狙い目の女性が多いということなのですが、このほかにもワクワクメールは検索機能が優れており、あなた好みの子が見つけやすいという利点があります。

ハッピーメール

最後にオススメなのがハッピーメールです。

引用元:2019最新セフレの作り方(裏モノJAPAN別冊)

ハッピーメールバナー

ハッピーメールはPCMAXやワクワクメールに比べると大人の出会い目的の人は少ないのですが、利用者数が2,000万人という圧倒的な数値を誇ります。

そのため、セフレにできる候補数がどこよりも多いということになります。

特に大人な目的がなくて純粋な出会いを求めて登録しているユーザーも多いのですが、出会いを求めていること自体が刺激を求めているわけですから、こういう子はセフレ予備軍として十分にターゲットになります。

たくさんのセフレ候補からあなた好みの子を選びたいならハッピーメールは外せません。

最後に

今回は最新の情報を元に、セフレの作り方・探し方と関係を深める方法を詳しく解説しました。

このサイトを参考にすれば誰にでも簡単に好みのセフレを作れるようになりますから、騙されたと思って是非挑戦してみてください。