痴漢・セフレ・JKビジネス・男の欲望実現サイト

電車痴漢で中出ししたい!触り方からマンコへ挿入の仕方まで徹底解説

痴漢といえば電車内痴漢、朝の通勤ラッシュなどでJKやJD、OLのお尻を触ったりマンコに指挿れするのは最高に気持ち良いですよね。

そして、皆さんが気になっているのは「電車内痴漢で中出しは可能なのか?」ということではないでしょうか。

もちろん、AVにあるような囲んで裸にして中出しというのは不可能です。

しかしながら、方法さえ知ってしまえば電車内でセックスをすることは可能です。

今回は電車内で中出しセックスしてみたいあなたのために電車内での触り方から挿入まで流れを徹底解説します。

(※本記事は犯罪を助長するものではありません、相手の合意のない痴漢は犯罪ですので決して実行しないでください)

電車で痴漢された実体験

では、実際に体験談をまとめてみました。

私は痴漢されるのが好きでよく埼京線に乗り込んでは触られるのを楽しんでます。
これはこないだの話なのですが、少しずつ温かくなってきたのであの痴漢電車で有名な先頭車両に薄手のトレンチコートの中に生足でフレア系のミニを履いていったんですね。
温かくなったことで触りやすくなったせいか、まるで砂糖にむらがるアリさんみたいに痴漢が集まってくるのがわかりました。
雰囲気でわかるんですよね、独特のプレッシャーというか。
並んでいるときから背後で「触ってやるぞ」という声が聞こえる気がするくらいです。

いつもように押し込まれ、ドアが閉まるのも待たずに下着越しにサワサワされました。
そもそも乗り込むときにお尻をグイグイ触ってくるやつまでいます。
せっかちだなーと思っていると、何本かわからないくらい手が伸びてきて、競って下着を脱がそうとしてきました。

そんなに焦らなくても逃げないし抵抗しないよって思っていると、アッというまに下着は膝まで下げられ、スカートはおへそ近くまでたくしあげられやられ放題。
何人いるのかわからないくらいでしたが、おそらく前後左右に4人はいたと思います。

こういう激しいのって嫌いじゃないな、って思っていたら堅いモノがお尻にぶつかってきます。
その間にもアソコの中に入っている指が激しく動くので私の頭は真っ白。

変になりそうなくらい気持ちよくて、そのぶつかってきたモノに触れると、熱い!そして割とデカい(笑
気持ちよさで頭がぼーっとしている私は、早めな感じで手を前後に動かしてみました。
さらに堅く熱く、大きくなるモノ。
調子にのった私はピストンのスピードを上げてみました。

周りは痴漢だらけで乳首からお尻を揉みしだかれ、クリを休みなく責められて立ってられないくらいの状況でイカされそうになっているわけです。
そんな状況なので、堅くなった先っぽでお尻越しに入り口を撫でられたらビクンって反応してしまいました。

すると、その痴漢はグリグリとマンコに押しつけてくるじゃありませんか!
もうビショビショになっているアソコは入ってくるのに抵抗できる筈もなく……ズブズブっと奥まで挿れられてしまったのです。
そのままスローセックスのように動いてくる痴漢。

あっ、あっ、って声が漏れそうになるのを我慢しながら、朝の満員電車の中で犯されている快感に耐え続けました。
そのうち、小刻みな振動が激しくなると私の中でアレがドクンドクンと大きく脈打つのがわかり、中に出されてしまったことがわかりました。
しかし、私もあまりの気持ちよさにイッてしまったので、脚がガクガク震え立っているのがやっとの状態。
むしろ周りにいた他の痴漢が私が崩れ落ちないように支えてくれているくらいでした。

これが最近で一番興奮した痴漢です。
埼京線というのは意外と駅間が短いので、ものすごく長く感じましたがあっという間の出来事だったと思いますね。

私はJR中央線の新宿へ向かう列車で毎朝通勤しています。

もう1ヶ月くらいになるのですがずっと同じ人に痴漢されているんですよ。
その人に初めて痴漢されたのは今年の4月に新社会人として通勤をはじめてすぐだったと思います。
怖くて、しっかりと顔をみたこともないのではっきりと顔がわからないのですが、ピシッとしたスーツを着ていて整った顔をした40代、170cmくらいの人です。
ほとんど毎日痴漢されていたのですが、4月のGWへ入る直前に今までにないことをされてしまいました。

もちろん、毎朝やられっぱなしというのはイヤですから、乗る電車の時間をずらしたり車両を変えたりしているのですが、気がつくと私の後ろにぴったりとついてきているのです。
他の駅で別の車両に乗り換えようとしても、グッと押さえつけられて降りるどころか場所を変えることすらできず、恥ずかしいし、悔しいのですが怖くて下を向いていることしかできません。

中央線は快速のため駅間が長いのですが、ある駅を過ぎるとパンツとストッキングがふとももあたりまでずり下ろされてしまいます。
その人はズボンから取り出した、とても熱くなったアレを脚の付け根に押しつけてきたり、私の手を引っ張って握らせてきたりします。
アレを握らされるのはとても困るのですが、握らせた私の手の上に手を重ねてきて前後に動かしてくるんです。
私は怖くてそのままアレを握りしめ、小刻みに動かしたりするのですが、そうすると私の前に回りクリを責めてきます。

そんなことが毎日続いたある日のことでした。

今までにないことが起きた日は10連休の直前で、しばらく通勤しなくて良い、そんな気持ちでいた日です。
とはいえ、いつも通りその人に痴漢されていたのですが、その時は普段とは違いました。
スカートの中のクリをいじるのがいつもより激しく、さらに逆の手でフレアのスカートをまくり上げてきたのです。

周囲が密着しているから見えないとはいえ、お尻が丸出しのかっこうにされてましました。
そして、私のアソコにその人のモノを突きつけられたんです。

私は身をよじり、お尻を引こうともがきましたら彼の腕がしっかりとこちらを抑えていたので動くのが難しく目立つのも恥ずかしかったので次第に動くのを諦めました。
すると、グッと腰を引き寄せられ簡単に先の部分が挿ってしまったんです。

あまりにビックリして、なんとか後ろへ後ろへ逃げようとするのですが、周りにも人がいるしこちらは引き寄せられて脚が浮いているので思ったように動けません。
しかも、電車の揺れにあわせてその人のアレが深く挿ってくるのです。
電車の揺れが大きくなって人がもたれかかってきたとき、ズンと奥深く挿れられたのがわかりました。

パニックに陥って必死に抵抗していた私ですが、ハッキリ言ってものすごく気持ちよくなっていたのです。
先ほどまでクリをいじられていたことでアソコが濡れていたこともありますが、その人のモノはとても堅く大きく感じました。
お尻を引き抜こうとするとアレとこすれあって快感が突き抜けるのです。
あまりの気持ちよさに頭が真っ白になり、声を上げそうになるのに耐えるのに必死でした。
その人のモノが降車駅が短くなるある駅の手前で大きく脈打つのがわかり大量に私の中にドクドクと発射し始めました。
それでも快感は止まらず、まるで永遠の時間が流れたように感じたほどです。

その後、電車が止まったので私はトイレへ駆け込みました。
確認すると彼が出したものでパンツもストッキングもねっとりと濡れていて、アソコからは彼のものが溢れています。
金曜日は結局、会社へはいけませんでした。

でも、あんなに酷いことをされたのに、また会いたいと思ってしまうのは変でしょうか?

実際の体験談どうだったでしょうか?

漫画で言うとこんな感じですね。

電車の中で堅くなったチンコを握らされ、そのまま挿入されて中出しまでされてしまう、まるでエロ漫画のような展開だと思ったかもしれません。

「こんなことありえないよ、妄想かエロ漫画、AVの話でしょ?」そう思われた方のために、今回は特別に「電車内での中出しセックスは状況によって可能である」というお話をしたいと思います。

満員電車の中でセックスするのって本当に最高なんです。
こんな大勢の人に囲まれて生ハメされちゃってる……、恥ずかしい……、そんな思いが快感を何倍にも高めてくれるんですよね。
私もこの快感をもっと他の人に知ってもらいたいと思って痴漢の調査を頑張っています。

では、実際の動画を元にした画像で解説をしていきましょう。

今回の痴漢のターゲットはこの子。

これだけ可愛ければ電車に乗り込んだ瞬間にお尻に手が伸びてくるのは当然ですね。

もちろん少しは抵抗しますが、クロッチ越しに触られて気持ちよくなってしまいます。

そして、やっぱりクリは生で触ってあげないと気持ちよくないですよね。

こうしてクロッチの脇から指を挿れて触ってあげると喜ばれます。

そして、前からも後ろからも痴漢の手は伸びてきます。

パンツをむかれるとお尻の穴もマンコも丸見えに。

パンツは紐パンのように脱がせられるものだと楽ですし、そうでなければ膝近くまで下げてしまいましょう。

下着をむき終わったら優しくマンコをほぐしてあげるのが痴漢の礼儀。

マンコがグチョグチョに濡れ、ビクンビクンッと感じているのがわかったら、いよいよチンコの登場です。

お尻側からマンコの位置を探っていきます。

これはハッキリ言って初見殺しで慣れないと難しいです。

女の子によって穴のつきかたには違いがあるので、挿れやすい挿れにくいというのがあるんですね。

コツとしてはできるだけ密着して、チンコの先で穴を探すこと。

のぞき込む訳にいかないので、チンコの先でどうやって探し当てるかが勝負なわけです。

普通のセックスのときに「そこじゃない、もっと上!」って怒られた経験のある人も多いんじゃないでしょうか。

うまいこと穴を見つけ膣内にズブズブと侵入していくチンコ。

この子も心なしか恥じらいと悦びの表情を浮かべているようです。

きっと気持ちよくてたまらないんでしょうね。

ここまで「電車内での触り方からマンコへの挿入まで流れ」を解説してきましたがどうでしたか?

見てもらってわかるとおり、特別なことは何もありません。

要するに触って気持ちよくしてあげて、あとはチンコを後ろ側からバックで犯す要領で挿入するだけです。

しかしながら、この「挿入する位置を探す」というのが一番の難点なんですよね。

やはり動画じゃないとわからないという方にはもちろん動画で確認することもできます。

【電車痴漢】顔出し制服JK★超可憐な黒髪美少女の膣口に鬼畜の生チ○コねじ込み★最後はついに中出し!★射精後は失禁が止まらない!

この痴漢の詳しい様子は「【電車痴漢】顔出し制服JK★超可憐な黒髪美少女の膣口に鬼畜の生チ○コねじ込み★最後はついに中出し!★射精後は失禁が止まらない!」におさめられています。

私も何度かやったことがあるのですが、電車内のような狭い場所で挿入してそのまま中出しというのは簡単に見えて非常に難易度が高いテクニックです。

なぜかというと先ほども述べた通り膣の付き方は女の子によって違いますし、女の子の方が身長が低くて挿入するには位置あわせが難しいからなんです。

グズグズしていると電車が次の駅についてしまいますから、せっかくのチャンスを逃してしまうわけです。

電車内で中出ししたいなら練習あるのみ

要するにぶっつけ本番で挿入しようとしてもうまくいく筈がありません。

私もイメクラの痴漢プレイで挿入を練習をしようとしてみたことがあるのですが、ハッキリ言って役に立ちませんでした。

で、どうしたのか?

セフレと実際に電車で痴漢しながら中出しセックスをやってみることにしたんです。

最初は慣れていないのでセフレにはコートを着てもらい不自然にならないようにしてもらいました。

これが実際にやってみると意外と難しいんです。

触ってマンコがトロトロになるまでは簡単なのですが、そのマンコにチンコを挿れるまで本当に苦労しました。

セックスの時と勝手が違いますし、何より周りにバレてしまっては困りますからね。

実際に試してみて思ったのは、朝の通勤ラッシュの中で犯されているというシチュエーションが最高に興奮するってことでした。
本当に最高に感じるんです。
押し詰め状態の車内でおちんちんが入ってくるときのドキドキ感、そして声が出せないという状況、イクってなってるときの背徳感、他には味わえないエッチでした。

試したくてもセフレがいないというあなたも心配は無用です。

なぜなら、出会い系サイトを使えば「痴漢されたい女性」を見つけて待ち合わせることが簡単にできるからです。

出会い系でJCちゃんと駅で待ち合わせて満員電車内合法痴漢プレイ フレアスカートの痴漢好きOLと待ち合わせて電車内でイカせてみた

最後に

このサイトでも散々お伝えしている通り「待ち合わせ痴漢」というのは逮捕される心配もありませんし、お互いが気持ちよくなれる最高の方法です。

JKとの待ち合わせ痴漢にはちょっとテクニックが必要ですので、これはまた別の機会にお伝えします。

もし「電車内で中出しセックスしてみたい」というのであれば、あなたも大手出会い系サイトの「待ち合わせ掲示板」をのぞいてみてはどうでしょうか?

「痴漢されたい」という女性と「電車内での中出しセックス」を楽しめるのも出会い系ならではですよ。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX