【出会い系詐欺】美人局の被害にあわないために必要な4つのこと

美人局とは出会い系にたまにある詐欺で、男性を引っ掛けるための女性と、その女性の彼氏や夫、親を名乗る男性がグルになって、女性と関係を持った男性を脅す行為です。
ハニートラップなどと呼ばれることもあります。

「出会い系でもし美人局に会ったら……!」
「この子、メチャクチャ可愛くてノリもいいけど、もしかして美人局なんじゃ?」

そうやって出会いのチャンスをなくしてしまうこともあります。
そこで、こうした美人局に引っかからない方法をお教えします。

お金を脅し取られないように注意

美人局の目的はお金です。
なので、ホテルなどを出た際に「どうしてくれるんだ」と脅しをかけてくるケースなどもあります。

しかしながら、脅しに屈することはありません。
たとえ金銭のやり取りがあったとしても児童買春でない限り罪に問われることはありませんし、
相手が不倫をしていたとしても、それは知らなかったはずです。

また、彼氏がいようと親だろうと、成年した女性と関係を持つことが罪になることはありません。
職場や家族にバラす、といったような脅しをかけられることもあるでしょうが、身分証明書などを盗られない限りは身元はわかりません。

毅然と突っぱねましょう。
そもそも金銭を目的として脅迫すること自体が犯罪ですので「警察にいきましょう」という話をしても構いません。
(実際に行く必要はありません)

相手が年齢を偽ったりしており、児童買春であった場合はそれを指摘されるでしょうが「知らなかった」という話を通すべきです。

女性が細かく場所を指定する場合は注意

そもそも脅されるような状況になりたくない、そうですよね。
この詐欺に必要なのは「2人がどの場所にいるか」を相手が把握していなければならない、ということです。

相手が自分の家を指定したり、ホテルを指定した場合は危険なので会うのを辞めましょう。
また、ホテルで会っているときいにも、頻繁にLINEなどで誰かと連絡を取っているような素振りをしている場合は、ホテルから出る前に別々の出口から出ようなどと行って行動を共にしないことが重要です。

要するに「現場を押さえられない」ということが重要なのです。

18歳未満にだけは要注意

被害報告で多いのは18歳未満の美人局です。
後から親(と名乗る男)から連絡が来て、金銭を要求されるようなケースもあります。

出会い系サイトでは基本18未満は登録できないようになっているのですが、
姉の身分証明書などを使って登録をしているケースがあるのです。

なので、出会い系サイトで出会って「幼いな」と感じたら年齢を絶対に確認しましょう。
年齢を偽られるケースもありますが、きちんと年齢を確認しておけば基本罪には問われません。

また、「妊娠した、堕ろすからお金」というケースもあります。
その場合は、一緒に産婦人科に行く、などと話をして妊娠を証明させましょう。

そして、何より大事なのは不用意に連絡先を交換しないことです。

美人局に出会ったら冷静に対処すること

出会い系サイトでは美人局に会うことは非常に少ないです。
とはいえ、可能性として0ということはありませんので、気をつけるに越したことはありません。

現場で免許書をコピーされたり、身元を抑えられると不利になるだけです。
なるべく話し合いを後日にするか、その場で警察や弁護士を呼ぶ、と毅然と対応することが求められます。

また、暴力を振るわれる可能性もありますが、その場合は傷害事件になりますので、警察に相談してください。

まとめ

美人局は脅迫なので、相手の方が逮捕されるリスクが高いです。
こちらに負い目があるかもしれませんが、こちらが法に触れていない限りあくまでも「出会いの場所」で出会った自由恋愛に過ぎません。

また、詐欺のような出会い系サイトを使うと、運営もグルでお金を騙し取られるといったケースもあります。
詐欺のない安全な出会い系サイトを利用するように心がけましょう。