浮気バレで本命セフレを失った私が教える浮気がバレない男になる方法

「本命の彼女に浮気がバレたらどうしよう」

「色々な子と遊びたいけど、奥さんにバレたらヤバイ」

「セフレが何人か欲しいけど修羅場は避けたいな」

そんな思いを抱くことありますよね。

本命の彼女がいる場合などにセフレの存在がバレて修羅場になると大変ですし、セフレ同士がかち合うのもできれば避けたいものです。

私も慣れてないころには大失敗をしてしまい、本命のセフレに遊びのセフレとの関係がバレてしまい、セフレ関係がダメになってしまったこともあります。

身体の相性も良かったですし、顔もアイドル級に可愛い子だったので本当にもったいないことをしました。

女の子はセフレであっても他の女との関係を気にする子が多いですし、彼女となれば基本浮気を許してはくれないでしょう。(気にしない子もいますが、そういう子は他の男とも遊んでることが多いです)

今回は本命の彼女を持っていたり、結婚していたりするあなたに、「複数のセフレや遊びの女の子との浮気が絶対にバレないようにする方法」をお教えします。

そもそも男はどうして浮気をしてしまうのか?

オチとして「浮気がバレない秘訣は浮気をしないことです」なんて馬鹿みたいなことを言うことはありませんので安心してくださいね。

そもそも男は複数の子と遊びたいもの。

どんなに可愛い子でも、セックスの相性が良い子でも、同じ子とばかり遊んでいたら飽きますからね。

適度な遊びは長続きする秘訣でもあるので、思う存分遊ぶべきというのが私の持論です。

ですが、浮気がバレることによって女の子との関係が悪化してしまうのも事実。

しかし、浮気というのはバレさえしなければ浮気ではありません。

女の子が浮気に気づいてさえいなければ「浮気していないのと同じ」なのです。

であれば、女の子との良い関係を続けるためには、あなたがいかに浮気がバレないように振る舞うのか、スマートに浮気するかにかかっているといっても過言ではありません。

私は当初そのことを理解しておらず、浮気バレによって本命のセフレを失い悲観にくれることもありました。

それから徹底的に「浮気がバレない方法」を研究し、最大10人のセフレを同時に管理することができるようにまでなりました。

では、どうやって浮気をバレないようにするのかを見ていきましょう。

浮気はたった1本の髪の毛からもバレる

私自身の経験と、男の友人たち、そして数多くの女性たちからヒアリングした結果として、浮気がバレる原因の第一位は「髪の毛」です。

もう少し具体的に言うと「明らかに違う女の子の髪の毛が見つかってしまうこと」ですね。

髪の毛には色々な種類があり、黒や茶といった色だけではなく、ショート、セミロング、ロングといった長さ、そして、なんと言っても髪質というものがあります。

髪の毛というのは非常にやっかいで、女性の毛は基本的に細くて見えにくい上に、部屋のありとあらゆる場所に落ちている可能性があります。

成人女性の髪の毛は平均10万本あり、1日100本近くの髪の毛が抜けるのが普通なのです。

あなたの部屋にいる時間が、セックスするだけのたった3時間だったとしても、12~13本くらいの髪の毛が部屋にばらまかれるわけです。

しかも、ベッドの上で激しい運動をしているわけですから、普通に考えるともっと抜けますよね。

浮気を疑われないようにする場合、この髪の毛が1本でも見つかってはなりません。

見つかってしまえば「これ、誰の髪の毛? 明らかに私のじゃないんだけど」といって追求が始まります。

部屋の隅々まで掃除機をかけ、コロコロ(クイックルワイパー)をかけ、水回りなどにへばりついている髪の毛を掃除しなければならない、ということです。

一般的にエッチするとなると、シャワーを浴びるか風呂に入るかしますが、浴室では通常の3倍以上の髪の毛が抜けます。

最も警戒しなければならないのは、浴室の隅や洗面台の見えにくいところなどで、浴室はシャワーで流されて変なところにへばりつく可能性がありますし、洗面台ではドライヤーの風に飛ばされて、目線より上に貼りついていたりすることもあります。

この髪の毛が見つかった途端、「なんなの、この毛?」みたいな感じの詰められ方をすることもありますので、気をつけなければなりません。

1本くらい見つかったくらいでは「満員電車とかでついたんじゃないかな?」で言い逃れできるのですが、勘の良い子はそこから捜索範囲を広げ、あっという間に5本や6本くらいの髪の毛を見つけ出すので要注意です。

女の子のマーキングに注意

また、女の子は必ずと言っていいほど忘れ物をします。

ラブホだと忘れないのにも関わらず、部屋だと忘れていく頻度が高くなるのは「マーキング」だと言っても過言ではありません。

オーソドックスな忘れ物としては「ヘアピン(黒の細いやつ)」や「髪を留めるゴム」などですが、こうしたアイテムは使い捨て感覚の子も多く、よく見ると様々なところに置いてあったりします。

テーブルや洗面所に置いてあるヘアピンなどは素直に始末すればいいのですが、やっかいなのは男が想定もしないようなところに置かれているものです。

良くありがちなのが「カーペットの裏」や、「椅子の足の隙間」「部屋の隅」などです。

特にヘアピンは細いので「なんでこんなところに?」という落ちていたりします。

もちろん、女の子に使ってもいないヘアピンが見つかったときの言い訳は厳しいので、なんとしても探し出して捨てるしかありません。

また、こういったものをゴミ箱にそのまま捨てると「ゴミ片付けるね」といって勝手に掃除された結果、発見されて修羅場を見たりするので、くれぐれも厳重に始末してください。

さらに面倒なのが、化粧品類のゴミです。

化粧品にはフィルムやプラスチックのプレートなど様々なゴミがでますから、部屋で新しい化粧品が開けられたときは警戒すべきです。

生理用品のゴミなどもよく発見されるものなので注意すべきですが、そういった行動を取ったかどうかをよく見ておくしかありません。

香水などを使われて匂いが滞留していることもあるのでファブリーズは必須品です。

歯ブラシや私物の管理に注意

複数人の浮気相手や、セフレ、遊びの子がいる場合、歯ブラシも適切に管理する必要があります。

たいていの子は、「またくるから」という感覚で歯ブラシのような日用品を置いていくので、それをどうするかは大きな課題になります。

「どの子も一緒の歯ブラシでいいじゃん」などと思っていると、簡単に見抜かれることになりますので注意してください。

「ねぇ、これ私の歯ブラシじゃないんだけど」とか、「これ、誰か勝手に使ったでしょ?」といったような指摘を受けてあなたがダメージを受けます。

対策としては、色を分けておくなどのように見分けがつく状態にしておき「誰が何色を使っているか」を管理しましょう。

また、先ほどのマーキングと同じように「他の女の子への牽制」として部屋に私物を置いていこうとするケースもあります。

歯ブラシはまだしも私物は管理が非常に面倒くさくなるので絶対に避けてください。

服や下着、口紅などの化粧品、バスタオル、などなど、置かれそうになるものは数えきれませんが、「部屋のスペースがなくなるから」といったようにもっともらしい理由で回避しましょう。

普段から部屋を同じ状態にしておこう

これらの修羅場を避けるには「普段から部屋を綺麗にする」という気持ちを持っておくことです。

浮気に慣れていないと、事後にだけ部屋を掃除するので簡単に怪しまれます。

女の子は普段と違った状態が発生するとそれだけで「怪しい」と感じたりします。

違う子と遊ぶ度に部屋を掃除するのではなく、普段から部屋の掃除をしていれば、いつどの子が来ても同じような状態に保つことができるので、疑われを防ぐ効果があります。

「普段から同じ状態」というと、掃除せずに汚くしていても良いように感じますが、ここまで見てきたように様々なアイテムから浮気はバレますので、綺麗にしておくしかありません。

浮気する男にとって大切なのは「浮気の証拠を残さない」ことではなく、普段から気づきを無くし「浮気をみじんも疑わせない」ことなのです。

普段から忙しい男を演出しておこう

普段から暇そうにしていると、いきなり電話をされたり、部屋に来られたりして気が気じゃなくなるため、普段から忙しいと言っておく必要があります。

いつもマメに連絡をしたり即レスで返してくる男が、いきなりレスが遅くなると疑われるため、普段からレスは遅めにしておくのも必要です。

たとえば、他の子とセックスしているときにLINEの即レスなどできるわけがないからです。

普段は即レスしてくるくせに、やたら返事が遅いときがある、となると浮気を疑われてしまうのです。

かといって、構わなさすぎるとそれはそれで女の子が「都合の良いときしか構って貰えない」というように冷めていくこともあります。

ですから、適度に相手をしてあげることを忘れないようにしましょう。

浮気は常に自然な日常を演出するところから始めなければならないのです。

また、本命だろうと、浮気相手だろうと、セフレだろうと、合鍵を渡すような愚行をしてはいけません。

誰かに合鍵を握られている状態では絶対に部屋に違う子を呼ぶことはできず、合間を縫っても知らない間に部屋に入られて証拠を握られたりします。

既婚男性の場合は、浮気用の部屋を格安で借りたりするなど涙ぐましい努力が見られますが、そういった隠れ家の合鍵も絶対に渡してはいけません。

なぜ浮気相手を部屋にいれなければならないのか?

そもそも部屋にセフレや浮気相手を入れなければ多くの不幸は防げるもの。

しかし、絶対に部屋に入れないというのがそもそも女の子にとって怪しい行動なのです。

「遊ばれているのではないか?」と感じた女の子は男を確かめる行動を取るようになります。

たとえば、「家に行って良い?」とか「ご飯作りにいっていい?」とか質問をしてきたりしますし、夜にいきなり電話してきたりします。

これは多くの場合、「他に女がいないか」を調査しているのです。

もちろん、FacebookやTwitterといったSNSのアカウントバレも防ぐ必要があります。

あなたのリアルに踏み込まれると様々な証拠を握られかねません。

また、あたりまえの自衛ですがスマホのロックは必ずしておくことです。

最近は指紋認証や顔認証で寝ているときに開けられてしまうこともあるので、LINEにパスワードロックをかけておいたり、不要な生体認証はOFFにしておかなければなりません。

LINEの通知も内容がでないようにしておかないと、一緒に画面を見ているときに通知が来たりして修羅場を向かえる羽目になります。

浮気を疑われないために

「浮気が絶対バレない男になる方法」を紹介してきましたがどうだったでしょうか?

はっきりいって面倒くさいと感じたかもしれません。

であれば、あなたが付き合える程度の子に留めておくというのも1つの手です。

女の子というのは「君だけだよ」というように特別扱いして接しておくと長く遊べますし尽くしてくれるようにもなります。

そういった関係を長く続けたいのであれば、あなたが管理できないような遊び方をせず、適度な範囲に留めることも大切なのです。

簡単に女の子をゲットできるようになったからといって、手に余る数の子をマネジメントしていると、油断して絶対に事故ることがでてくるので、ほどほどにして浮気バレをなくすようにしましょうね。