出会い系で生徒会長の現役JKと出会ってパコパコ中出しするには?

女子高生といえば春になり、真新しい制服に身を包んだ子たちを見かけることが増えました。
そして、そろそろ暖かくなって薄着の子が増える季節でもあります。
そんな光景を見ると高校時代を思い出しては、あの頃制服デートやエッチをしておけば良かった、そんなことを思うのではないでしょうか。

清純な制服姿にみずみずしい若い肌がまぶしい程です。
そして、そんな清純さとは裏腹に成熟した体を持つ女子高生は十分に性の対象といっても良いものです。
一度くらいは制服のまま犯してみたい、思いを抱いたりしますよね。

しかしながら、不用意に女子高生に手を出すと色々と問題になることも多いですし、下手すると犯罪になりかねません。
そこで今回は合法で女子高生とエッチしつつ、JKと出会うノウハウをお教えします。

春は狙い目

春は出会いの季節とも言いますし、女子高生が入れ替わる時期でもあります。
要するに初々しい気持ちでいる女子高生と出会うにはうってつけの季節なんですね。

では、女子高生と出会うにはどうしたら良いのでしょうか?

電車の中で見かける女子高生、彼女たちがLINEやTwitter、Instagram、ゲームなどをやっている姿を見かける筈です。
彼女たちにとってアプリは日常のものとなっているのは知っての通りですね。

2017年3月の機関の調べでは未成年者(10〜18歳)のスマホ所有率は80.3%となっており、かつ女子高生のスマホ所有率がとうとう100%に達したことが分かりました。
確かにスマホを使っていない女子高生を探すのが難しいくらいです。

その中でも、LINEの使用率は92.1%、Twitterの使用率は72.1%とかなりの女子高生がインターネット上での活動に抵抗を持っていないことがわかります。
LINEならともかくTwitterなどは匿名の相手とやりとりをするのがメインですが、そういったことに抵抗がなくなっているのがイマドキの女子高生なんですね。

そして、そういったネットを使った出会いに興味があるのはギャル系やビッチ系しかいないように思われているかもしれませんが、実は違います。
派手な交際関係がある子たちは既にクラブや他の場所で社会人と出会ったり付き合ったりできるので「ネットでの出会い」や「ネットでの繋がり」を選ぶ必要性がないんですね。

逆にどうやって社会人と出会って良いかわからないような子たちが、TwitterやSNS、出会い系サイトを通じて大人達と出会っているのが現状なのです。

ずっとずっと昔は文通のような出会いもありましたが、それが発展しすぎた結果として女子高生たちが手軽なネットでの出会いを求めるようになった、といっても過言ではありません。

そして18歳になったから新しい出会いにチャレンジしてみたいという女子高生が増えるのも今の季節なのです。

萌枝ちゃん(18)

今回PCMAXで出会う事ができた現役JKの萌枝ちゃんは、生徒会で生徒会長をやっているかなり真面目な子でした。
「色々なお話をきかせていただきたいです」とプロフィールに書かれていたとおり、知的な出会いを求めており、4月に誕生日でそのまま出会い系に登録したというかなり好奇心の高さを感じさせる子です。
優等生でクラスでも成績が上位のようですが、話した僅かな時間でも地頭の良さを感じました。
勉強をしていって将来的にはアジアの貧困問題などに取り組みたいというような話をするくらいなのです。
ただ、女子高生としてみると貧困問題に取り組むにはどうしたらいいかわからず、大人のアドバイスが欲しい、そういった人と出会いたかった、といった話をしていました。
学校の先生に言ってもまずは大学に行きなさいという話しかしてもらえず、納得ができないのだそうです。
また、周りの友達が性的な話をしているのについていけないのがコンプレックスのようでした。
確かに自分たちが高校生のとき、先生はあまり夢に向かった話はしてくれませんでした。
そして、30代、40代がひどく大人に見えたのを憶えているのではないでしょうか。

話をするなら静かなところでということでビジネスホテルへ連れ込みます。
最近の女子高生は警戒心がないので、大抵の場所にホイホイついてくるので話が非常に早いです。
ホテルが警戒されるようであればカラオケや漫画喫茶のように個室が利用できるとこであればどこでも構いません。

最初はベッドに腰掛けて話をしていましたが、話がある程度落ちつくとそのまま肩を寄せると抵抗らしい抵抗がありません。
頭の良い子だけあってエッチなことというのはある程度覚悟してついてきたところがあるようです。
抱き寄せつつ、そのまま押し倒しました。
シャツをはだけさせ乳首をなめてあげるとすぐに堅くなり、感じてくれているようでした。

初心な反応にこちらもあっと言う間にギンギンになります。
エッチに不慣れな女子高生だからこそこちらも感じさせやすいというのはあるかもしれません。
やり方も流れも分からない以上、こちらが一方的に事を進めることができるのが良い点ですね。
パンツを脱がせてあげようとするとかなり恥ずかしがりながらも、あっさりと受け入れてくれました。

パンツを取り除くと余り手入れのされていなさそうな茂みが顔をだしました。
恥ずかしがり手で隠そうとしますが、そうはいきません。

手をどかしつつ茂みをながめているとピンク色のマンコがとても綺麗でした。
舐めてみると心なしか甘い味がします。
そして、時折あげる「アンッ」といったような声もまたこちらを興奮させるには十分すぎます。

前戯もそこそこに一気に挿入しました。
制服を脱がせてしまうと制服娘を犯しているという背徳感が薄れてしまうので、勿論制服のまま挿入します。
エッチになれていないとはいえ、体は完全に女になっており、締め付けのよいマンコがムスコを受け入れてくれました。

最後は中出しでフィニッシュ。
ちゃんとした性的な知識を持っていない女子高生たちは生中出しされても大丈夫だと考えているところがあるのと、性衝動に逆らえないのかあっさりと精子を受け入れてくれることが殆どです。

若さもあり2回戦、3回線も受け入れてくれ、非常に満足する出会いでした。
知的好奇心もある程度満たされたらしく、また会う約束をして別れます。

最後に

今回は女子高生と出会ってパコパコしつつ中出しする方法をお教えしました。

まだまだ出会い系になれていない子がいる今がチャンスです。
イメクラやデリヘルでカワイイ子が一気に増えかつ慣れていないうちに本番をするのに向いているのが春、というのと同じ理屈です。
是非PCMAXで楽しいJKセックスライフをお過ごし下さい。