JKと裏オプ本番あり!大久保JKリフレ「にゃんにゃんの実」

現役JKとエッチしたいなら「にゃんにゃんの実」へ

今、裏オプで最もヤバイ店、それが「にゃんにゃんの実」です。
都内でも数少ない現役JK(女子高生)と本番できる店だからです。

「萌え萌えの実」→「ぴゅあべりー」→「アイドルライブ」→「YMビッグバン」→「プラチナム」→「おつかれSUMMER!」→「にゃんにゃんの実」と店名が変化していますが、状況は相変わらずのようでした。

現在は「パーフェクトウーマン」という店名になっています。こちらでも相変わらずJKと裏オプできることは調べてきましたので良ければご覧下さい。

18歳JKと裏オプ本番!大久保JKリフレ「PERFECT WUMAN」

2017.01.27
http://ameblo.jp/nyannyannomi/

以前から、フライデーや裏モノJAPANなどでも裏オプションとして性的サービスを行うリフレとして特集されていた店舗。
こちらの店はコロコロと店名を変え、ブログも移動することで営業を続けている店になっており、一定の人たちの需要を満たすお店となっています。
ということで、本当に女子高生が性的サービスを提供する裏オプがあるのか調査してきました。

場所とシステム

大久保駅北口を出てすぐの場所に店は存在しています。
場所は店のブログに住所が書いてあるのでそちらを参照すると早いでしょう。

店の入っているビルには「にゃんにゃんの実」と書かれた紙が貼られていて、そのビルの狭い階段を3階まであがるとその店はあります。
扉を開けると中は完全に薄暗い状況になっており、店員がおり女の子の写真(チェキ)が貼ってある受付があります。
時折店員の後ろを女の子が通るので、その辺りが待機場所になっているようでした。

風俗店のように出勤している女の子の写真を指ししめすと、待ち時間を教えてくれます。
女の子は番号で管理されており、写真もチェキのような簡素なものですが明らかに若いことがわかります。

みな女子校生の制服を着ていますが「学園系リフレ」という触れ込みであるためコスプレという建前のようです。(特に説明はされません)

「手」「口」「本番」など裏オプを勧めてくる子たち

コースを選び、女の子を決めると所定の時間に来るように告げられます。
人気の子はかなり予約が入っていたので、とりあえず新人の子を選びました。
待ち時間は僅かだったので大久保の駅の中で待っていましたが、このお店の客らしき人物を見かけることができました。
近くに時間をつぶせるところがあまりないため、こうして待っているのでしょう。

今回会った子は高校に行っていれば高3の女の子でした。
そして「何がしたい?」と早速裏オプを持ちかけてきました。
個室自体はシングルサイズのマットがあり、アコーディオンカーテンがつけられているだけの部屋です。
後付けで仕切った為に隣の部屋と完全に仕切られている訳ではありません。とはいえ、壁ギリギリまで仕切りがあるため、通常は隣の部屋の様子がわかることはないです。

しかし、風俗店ではないため、シャワーなどの設備があるわけではなく、衛生上には課題が残るように見えました。
今回は話を聴くために訪れたため、オプションを頼むよりは話を訊きたいといい、幾つかの話を訊かせて貰うことができました。

裏オプションの状況

今回話した子はなんと連休を利用して大阪から出てきているとのことです。
「めっちゃ稼げるんよー」と言っていました。
兎に角回転率が高い事が売りで、何人とも裏オプをするという話を訊かせてくれました。
女の子によってはやっていないオプションもあるようですが、やはり手短な時間で終わる「本番」が楽ではあるそうです。

通常の行為とは違い前戯などもそこそこで、挿入することに拘るお客さんが多いとのことです。
お店には通常のオプションも用意されていますが、ここに通っている女の子は基本、裏オプをメインとしており、お客さんの要望もそちらが殆どだと言っていました。
「おちんちん出したら触ったげるよ?」と挑発され、ズボンをグッグッと下げるマネをされ裏オプをねだられましたが「今日はそういう気分じゃないんで」という事で回避し、少しお話したいなということで話を聞き出す事ができました。

また、「JKなんだよね?」という問いに「違うって言えって言われてるんよー」と返され「高校に行ってれば高3やね」とはぐらかされるような感じですがあくまでも「高校に行っていない18歳である事」が重要のようでした。

高校生ではない18歳

風俗店で働ける年齢は18歳からでデリヘルやイメクラにでも18歳の女の子はそこそこ存在しています。

JKビジネスが活発になり目をつけられはじめてからはアンダーと呼ばれる「18歳未満」は摘発対象になり、18歳以上であっても「高校生」を働かせているお店は摘発対象となっています。
そういった摘発にあい「お散歩店」「見学店」など様々な形態が生まれては消えてきました。

そういった状況の中で「高校に通っていない18歳」というのはかなり市場価値が高いと言えます。
16歳、17歳、または高校生といった相手と関係を持てばかなり高いリスクを持つ訳ですが、18歳以上でかつ高校に行っていなければ危険度がかなり低減されるためです。

オプションでサラリーマンよりも稼ぐ女の子たち

女の子達は手で5K、口で10K、本番で30Kくらいの相場で裏オプを行っています。
かつ、店舗型であるために移動時間や待ち時間が殆ど無く、ひっきりなしに客がつくようでした。
ある意味回転本番ピンサロをイメージさせられます。

コースは30分4,000円、60分8,000円であることから、女の子によっては30分で3万を稼ぐわけです。
出勤の長い子は6時間ほど滞在していることから、恐らく1日で10万以上稼ぐ子もざらなのでしょう。

裏オプのある店の特徴

  • 受付と個室が離れており、あえて目が届かないようにしてある
  • 個室としてはソファや簡易マットが置かれており、最低限サービスを行える広さがある
  • 建前上完全個室ではないが周囲から何をしているか見えることはない
  • 店内は隣の音が聞こえにくくなるように音楽などがかかっていることが多い
特徴としてはこういった事があげられます。
要するに何か間違いが起こってもおかしくない、気づけないという状況を構築してあるわけです。
店としては場所を提供しているだけでお客さんと女の子の自由意志なので、という建前を残す必要があるのです。

そして、女の子たちは単にリフレだと通常のバイトと同じくらいの時給しか稼げません。
よって「にゃんにゃんの実」のような裏オプが横行するお店では交渉して裏オプを頼んで貰う事で、短時間で信じられないくらい高いお金を得ることができます。

出会い喫茶などのような形態もワリキリが横行していますが、これらのシステムはより高回転でお互いのニーズを満たすようなお店になっているようでした。