誰でも簡単!神待ちする身綺麗な貧困OLを見つけてエッチする

貧困にあえぐ10代~20代の身綺麗なOLたち

「身綺麗な貧困OL」って言葉矛盾している気がしますよね。
特に「神待ちをする家出少女」は決して小綺麗な印象はなく、寧ろネカフェなどに寝泊まりするイメージです。
しかし、この「身綺麗な貧困OL」矛盾はしていないのです。何故なら彼女たちは身綺麗だからこそ貧困に陥っていると言えるからです。

2014年、NHKの調査により働く世代の単身女性の3人に1人が年収114万未満であり、かつ特に10代~20代女性に貧困が集中しているとのデータが出されました。
これらの女性を「貧困女子」と呼び、一種の社会現象ともなっています。
では、なぜこういった事が起きているのでしょうか?
それには2つの大きな理由があります。

非正規雇用

女性は派遣などの非正規雇用者が多く、正社員になるのを求めて事務職などに応募する女性も多いのですが、1つの正社員募集に100枚もの履歴書が集まる状態となっています。
正社員を簡単に解雇できない日本においては派遣社員は使い捨てできる雑用係でしかなく、昇給も期待できない不安定な雇用と言えます。
派遣は期間限定の“使い捨て”とも言われ必要がなくなれば契約を切られ、日々の収入すら失ってしまう可能性がある状況なのです。

ブラック企業や男性社会での軋轢

まだまだ社会は女性向けに開かれている訳では無く多くの会社では「パワハラ」「セクハラ」といった行為が横行しています。
極度のパワハラにあい鬱病になり退職を余儀なくされたり、耐えきれずに次を決めずに辞めてしまったり、することで生活基盤であった定期収入を失ったりし生活が困難になったりします。
また、働き過ぎにより身体を壊し休職といったケースも見受けられます。

神待ちをする貧困OLたち

男女平等が叫ばれる世の中ですが、女性の立場はまだまだ弱い状況です。
こうした女性達が「出会い喫茶」「出会い系サイト」といった場所に出入りしては「神待ち」をしている現状と、なぜ「身綺麗」なのに「貧困」なのかをお教えします。

神待ちにはげむ女性たち

「神待ち」は本来であれば「家出した女性を泊めてくれる男性を掲示板で探すこと」でした。
ですが、この意味も変わりつつあります。
貧困OLたちは決して「家出」をしている訳ではありません。
ですが彼女たちは時折「生活に困っている」状況に陥ります。
故に「生活を助けてくれる神」を求めて「神待ち」をするのです。

月末にあと1万だけ足りない

彼女たちは日々をギリギリで生活していますが、月々の固定費というのは決まっていますし、女性としては削れないものも多々あります。
家賃、光熱費、食費、日用品、携帯代、交際費、趣味……、それに加え女性には化粧品もあります。
また、普通に会社に通うのにずっと同じ服を着ている訳にはいきませんから、洋服代や下着代もかかってきます。
そうすると月末などにあとギリギリ1万円だけ足りない、といった状況になります。
社会人が月末にあと1万手に入れようとすると普通に考えればなかなか困難です。
その1万を手に入れるために彼女たちは「神待ち」をします。

家賃の更新費などまとまったお金

彼女たちはふとした切欠でまとまったお金が必要になります。
例えば「家賃の更新」「同僚へのご祝儀」「家電の故障」「旅行」「クレジットカードの支払」「シーズンものの服のまとめ買い」などです。
日々ギリギリの生活をしている彼女たちは貯金をする余裕などなく、これらの支払に困窮することとなります。
キャッシングのようなもので一時はしのぐとしても結局は「借金」ですから返さなければなりません。
結果として彼女たちは足りないお金を手に入れるために「神待ち」をするのです。

セックスワーカーにもなれない貧困OLたち

以前は女性が短期的なお金を得る手段として「風俗」は非常にメジャーな手段でした。
短期だけオナクラやピンサロ、ヘルスなどでお金を稼ぎその後は風俗から抜けるパターンです。

しかしながら、最近の風俗業界は貧困化した女子大生などが大量に流れ込んでいるため、若さと見た目で勝負する土壌になっており、貧困OLが参入することが難しくなっています。
時間がある女子大生に比べ貧困OLは定職に就いているため、時間の都合がききにくくシフトに時間が割けないのです。
週5日入る女子大生と週1日短時間の貧困OLでは勝負になりません。
仮にシフトに入れたとしても出勤が不安定で「お茶を引く(お客がつかない)」ということにもなりかねない状態です。
店側としても短期で卒業すると解っている子よりも、長く働いてお客がついてくれる子の方を好んで採用します。

いまや風俗で働きたいという女の子は増え続けており、店側も条件の良い子を選んで採用できるようになっています。
既に風俗は誰にでもできる職業ではなくなっているのです。

特に今の若い女の子たち、女子大生たちも遊ぶためではなく、生活するため、学費を払うために自分の意志でカラダを売っているため、苛烈な競争状態にあると言えます。

家賃や携帯代、一時の出費のためにカラダを売るOLたち


ですので、風俗店ではなく「出会い喫茶」や「出会い系サイト」にはそういった短期間のアルバイトのつもりで「神待ち」をしている女性が溢れるようになっています。

今月ちょっと困ってるんだよね……
どうしたの?
今月、家賃の更新があって……、あれってきつくない?
そうだねー、更新って家賃1ヶ月分くらい必要だもんね、突然払えって言われても困るよね
そうそう、だからちょっと遊びたいなーって思ってて

と、こんな会話をよく繰り広げます。
家賃の支払いは服を買ったから、バッグを買ったからと上記のような理由に変わりつつも、彼女たちが求めているのは「自分の事を助けてくれる神様」なのです。

貧困OLの特徴

  • 独り暮らしをしている
  • 奨学金の返済など借金がある
  • 食事は外食かコンビニ
  • やりたい事などがなく、日々をどう過ごすのかを考えている
  • 人の意見に流されやすく、自分で物事を決めるのが苦手
  • 先に見えている困難を先送りする傾向がある
彼女たちにはこんな特徴があります。
独り暮らしをしなくても良いのにもかかわらず独り暮らしをしているケースもあり、家族に頼りたくないという女性も多いのです。
また、大学の学費や、衝動買いしてしまったクレジットカードの借金などを抱えており、これらを返済しているケースもあります。

食事に関してもコンビニで済ませることも多く、自炊をすれば抑えられる単価をあえて抑えていないということが言えます。
やりたい事、なりたいものなどもないため、日々の時間を潰すためソシャゲなどに課金をしている子も多く、より自身の生活を悪化させているケースまであります。

ただし、そうしてお金を使ってまで生活を維持していることで髪や服、爪などには気を遣っていて身綺麗な子が多いですし、お金に細かくない=神経質でもないので、話しやすい子が殆どでセックスをする相手には向いているのです。

最後に

「貧困OL」は一般的な「貧困」のイメージとは異なり「ホームレス」のようでもなく、昔に話題となった「神待ちをする家出少女」ともまた違った存在となっています。

彼女たちは自分の生活は維持するのが精一杯で、そこに救いをくれる男性を求めています。
最終的な経済的な独立を果たすには「結婚」という手段があるでしょうが、生活に困っているから結婚するという女性はまず居ません。

だからこそ神を求めて「出会い喫茶」や「出会い系サイト」で今日も声をかけられるのを待っているのです。