フレアスカートの痴漢好きOLと待ち合わせて電車内でイカせてみる

「痴漢待ち合わせ」は何も女子高生だけではありません。
欲求不満のOLたちもまた出会い系サイトの掲示板で待ち合わせに応じてくれる男たちを探しています。
意外と衆人環境で辱められたい女性というのは多いんですよね。

今回はそんなOLさんとPCMAXで出会い待ち合わせた経験談をお伝えします。

フレアスカートのOLさんとの待ち合わせ

その日も相変わらずホームは人でごった返していました。
待ち合わせの時刻ちょっと前に指定の車両の位置に向かうと、膝丈の青い花柄のフレアスカートを履いたOLさんが待っていました。
美人系で、上は黄色のセーター。サイトで指定された春っぽい服装のままです。
念のため鞄を確認すると指定されたサマンサベガのリボン付きの白いトートバッグ。

メッセのやりとりでかなり詳細に服装を教えて貰えたおかげで見つけることは簡単にできました。
指定された時間はかなり人混みが凄く、ドンドンと後ろに並んでいきホームには既に長蛇の列が出来ています。

時間になるとホームには電車が滑り込んできて、
人混みが濁流のように2人を飲み込み、結果としてどんどんと車両の奥まで押し込まれます。
彼女とぴったりと密着した状態になり、女子高生とはまた違った良い匂いがしました。

乗車口のドアが閉まると押しくらまんじゅうも一段落し、少し余裕ができます。
スカートの上からお尻に手の甲をあてると、1度目は何の反応もありません。
今度は擦るようにすると、やはり反応しませんでした。

大丈夫そうなのかどうかを見極めるために手の甲でお尻を強めにさするようにすると、やっと腰がもぞもぞと動きました。

彼女がこちらを認識したと感じたので、手のひらでお尻を撫で回します。
彼女はそのままじっとしていました。
スカートの上から柔らかいお尻の割れ目を堪能していると、華奢にもかかわらずお尻の肉付きが相当良いことがわかります。

手の感触に満足しつつ、フレアスカートに取りかかりました。
生地を掴み、もぞもぞと捲っていきます。
丈が長めなので少し手こずります。

向こうもいきなりは恥ずかしいのか、必死にスカートを抑えて抵抗をはじめました。
とはいえ、それほど力が入っておらず、すぐに捲り上げられ裾を掴んで中に入っていきます。

すべすべのストッキングを楽しみながらクロッチに指を這わすと、やわらかいおまんこに中指が当たりました。
滑りの良いストッキング越しにおまんこのまんすじをこすっていきます。
何度も言ったり来たりを繰り返すと、ストッキングの繋ぎ目に指が当たりました。

指先が違和感を感じいじってみると、どうやら伝染したのか指が入るくらいの裂け目があるようです。
もしかしたらわざとなのかもしれませんが、その穴に中指を突っ込みました。
小さかった穴が広がり指が入っていきます。
サテン系のすべすべした生のパンツが指にあたりました。
OLさんの生パンツというのはまず障る事ができないのでドキドキします。
ストッキングを履かないOLさんというのはまずいないからです。

まんこの割れ目をこすっていくと、指先から伝わってくる感触がたまらなく心地良いです。
やわらかく熱い感じ、じわじわとクロッチも湿ってきていました。
濡れてきているんだ、と感じるとより一掃こちらも感じるようになってきます。

ストッキングの穴も指を動かしているうちにどんどん大きくなり、もう一本の指が入るくらいになりました。

中指をさらに奥に押し込み、クロッチの脇から指を入れます。
ビクンッと体が動きました。
さすがにいきなり生で触られるとは思っておらず、ビックリしたようです。
けれども、それ以上の抵抗はないため、そのまま優しく愛撫することにしました。

まんすじの入り口を中指でこすってみるとヌチャヌチャの愛液がしたたっています。
ここまで濡れている子は珍しく、こちらの鼓動が激しくなりました。

ストッキングの穴に指を2本入れるとパンツの中で指を動かしやすくします。
まんこの入り口から中指を滑らしていくと、ヌチャヌチャの愛液に導かれて中指が奥へと挿いっていきました。

しかし、それだけではそれ以上指が進まなかったので、指を一旦抜くと人差し指と薬指でストッキングの裂け目を広げるようにし、入り口をつくります。
完全に手首まで入るようになると、もう邪魔するストッキングはありません。
そのまま生のパンツをまさぐると、ねっとりと割れ目にパンツが食い込み、張り付いた状態になっています。
パンツの脇から手を差し込み、生のお尻の揉み心地を楽しみながらまんこに指を這わせていきました。

トロトロになっているまんこは容易に指を受け入れてにゅるにゅると中指が入っていきます。
滑りがよく何度か出し入れしていると、まるでこの子を犯しているような気にさえなってきます。
まんこへ中指を出し入れを続け、クリをいじり、まんこに入れるを何度も繰り返すとまるで恋人同士のように熱くなってきます。

びちょびちょのマンコはヒクヒクしながら中指を締め付けていました。
ビクンッと大きく体が揺れ、周りの乗客が何だろうといった感じでその子を見ました。
まんこに中指が入ったままなので、指の動きを少し休めます。
その子も何も無かったようにそのまま立ちすくむようにして、周りの乗客が視線を戻すと中指をクリに戻しました。

ちょんちょんと中指のひらと爪先で軽くコリコリしていくと、またビクッと動きましたが、今度はこらえたようでそこまで大きな動きにはならずにすみます。

どうやらこの子、イク寸前でこらえている状態のようです。
そうか、電車の中でイってみたいんだ……、そう思うとイカせてあげたい気持ちが止まりません。
中指がまんことクリを何度も攻めていくと、あきらかに彼女の腰が落ちそうになっています。
しかし、必死につり革をもち我慢している状態ですが、膝が笑っておりガクガク、ブルブルしているのがこちらでも分かりました。

そして、とうとうその瞬間が来ました。
クリでビクビクっとなって、まんこに指を突き入れ優しく素早く愛撫をした瞬間、今までで一番体がビクンッと痙攣し、まんこに突き入れていた中指がヒクヒクッと締め付けられました。

やばいくらいに大きく動いたので、斜め前にいたおばさんが彼女に「大丈夫?」と声を掛けてきました。
すぐに指を抜き、スカートから手を抜くと、彼女はおばさんに頷き「大丈夫です」とか細い声で答えました。
しかし、立っているのが精一杯のようで、降りる駅に到着するアナウンスが流れると、少しホッとしたように深く息をすると肩を落としました。

とはいえ、電車が止まるにはまだ少し時間があります。
電車が停止するまでの間にもう一度スカートの中に手を入れました。
クロッチをまさぐり、破れたストッキングの穴からパンツをこすり、すぐに抜きます。
中指についたヌチョヌチョの愛液。
ドアがあく間際、その中指を彼女の唇にスッと触れさせました。

んんっ、とくぐもったような声をあげましたが、ドアは開き、そのまま雪崩のように大勢の条約と一緒に電車から吐き出されます。

彼女はふらふらと駅のホームを歩きトイレに入ってきました。

最後に

今回は朝からOLさんとの「待ち合わせ痴漢」を楽しむことが出来ました。

PCMAXでは欲求不満なOLさんたちが沢山待っていますので是非利用してみて下さいね。