誰とでも簡単にハメ撮りするには?

ハメ撮り動画などを見ていて自分でもハメ撮りできないかなあと思ったことはありませんか?
しかし、普通にやっては女の子はハメ撮りに応じてはくれません。
やっぱり流出が恐いというのがあるからです。
今やネット上にあがってしまったデータを消すことは難しく、ハメ撮りが拡散されていい気持ちのする子はいません。

ですが、そんなあなたでも誰とでも簡単にハメ撮りできる方法があります。
今回はそれをお教えします。

「ハメ撮りしてもいい?」は禁句

ハメ撮りしたいと考えているあなたは今まで「撮ってもいい?」という感じで事前に了承を得ようとしていたのではないでしょうか。

ですが、それは絶対に禁句です。
ハメ撮りなんていうのは女の子にとってリスクしかないので拒否されて当たり前なのです。
あなたがハメ撮りを成功させるには段取りが大切で、ノーと言わせない状況作りをしなければなりません。

まず食事中や遊んでいる最中など、常にスマホで写メをしたり2ショットを撮ったりして写メをするのが好きなんだ、ということを印象づける必要があります。
写メの最中など肩を抱き寄せて『ほっぺにチューして』というように2ショットを2人で楽しんだりするわけです。

何で撮るの?

時に女の子にこう聞かれることがあります。そんなときは「2人の思い出を残したいから」というように答えて構いません。
あとは「LINEに送るね」といったような感じであくまでも2人の思い出に留めることを印象づけます。

ハメ撮りには2種類あって、
1つが「サイレントハメ撮り」、
もう1つが「堂々とハメ撮り」です。

さらに「サイレントハメ撮り」は、スマホにシャッター音がしないマナー系のカメラを入れておき、それを使ってハメ撮りをする方法と、置き時計型ビデオカメラなどを使ってハメ撮りする方法に別れます。

初心者にオススメは「サイレントハメ撮り」です。
「堂々とハメ撮り」するには相手をきちんと説得出来るだけの時間と話術が必要になるからです。

不自然ではないようにハメ撮りできる「置き時計型ビデオカメラ」ですが、角度が一定になってしまうのと調整が効かないために複数のカメラの組み合わせを推奨しています。
隠しカメラには「火災報知器型のカメラ」などもありますので、うまくすると天上からハメているところがバッチリ撮れます。
慣れてくればラブホに入った時に鞄から自然に隠しカメラを取り出して設置すれば大丈夫ですし、デリヘルなどであれば取り付ける猶予は十分にあるでしょう。
眼鏡型、ライター型、ペン型、などを組み合わせれば好きなだけハメ撮りをすることができます。

「サイレントハメ撮り」に慣れてきたら、「堂々とハメ撮り」も試してみましょう。
こちらも許可を明確に得るのでは無く自然に2人の思い出を撮るという状況に持っていきましょう。

なんで撮ってんの?とツッコまれたら

シャッター音のしないカメラアプリを使う利点として、いいところを撮り逃さないということがあるのですが、やはり「撮っていることがわかってしまう」のが最大の弱点です。
もし「なんで撮ってるの?」とツッコまれてしまった場合は、
「キレイだなと思って……」
「後からこの動画みながらオナニーしたいから」
と、あくまでも個人的な用途であることをちゃんと伝えます。
先ほどの「ノーと言わせない状況作り」ができていればここで拒否されることはありません。

ただ、逆に女性から撮ろうとか言われたりした場合は絶対に避けてください。
そして、男性側も盗撮には気をつけた方が良いです。

たとえ彼女であっても、他人のカメラに写り込むことはリスクしか無く、そのハメ撮りが以後何に使われるかわからないからです。

撮ったあとは流出に気をつける

ハメ撮りをしたあとはデータをきちんと扱いましょう。

AndroidやiPhoneの中にはデータを流出させてしまうような悪意を持ったアプリもあります。
出所が不明なアプリなどは入れないようにしてください。
また、パスワードや指紋認証はしっかりかけましょう。

パソコンへ動画を移したあとも、セキュリティ対策ソフトをきちんといれて、データファイルは圧縮してパスワードをかけておくくらいの方が安全です。
ファイル名に関しても「ハメ撮り」といった名前をつけるよりも「○○プロジェクト」のように関係のないファイルにしておくとなお良いです。

ハメ撮りデータに関しては個人で楽しむのが一番です。
撮ったままのデータはファイル名の年月日や映り込んでいるもの、ファイルの情報から場所や個人が特定されやすくなっていますので、あなたにも危険が及ぶためです。

あくまでも個人で楽しむ範囲に抑えるのが得策です。

最後に

今回は「誰とでも簡単にハメ撮りする方法」をお教えしました。
こういったテクニックは出会い系などで一晩限りの相手になったとしても非常に有効です。

くれぐれも悪用をしないようにしてくださいね。