セフレと楽に出会えるファーストメール「セフレメール術」

「出会い系サイト」の登録が終わり、プロフィールを記載し、
「プロフィール検索」したところでメッセージを送りたい女性の目星はついたでしょうか?

しかしながら、ここで適当なメールを送ってしまうと女の子は返事をくれません。
返事を貰えなければ会うこともできませんしポイントの無駄です。

では、会うための「ヤれるメール術」をお教えします。

なぜ「出会い系」の女の子はメールの返事をくれないのか?

あなたが何も考えずにメールを送った場合、
多くの女の子はメールの返事を返してくれません。
何故でしょうか?

それは、女の子へのメールが多すぎることが原因なのです。

「出会い系サイト」は女性のアカウントであれば1日に20通くらいは軽くメールがやってきます。
人によっては100通とも言われるほどです。

仮にあなたに毎日20通ずつメールが届いたとして、それらすべてに丁寧に返事ができるでしょうか?

その中であなたが返事を返そうと思うのは
自分好みの女性
パッと見で話があいそうな子
一生懸命想いを伝えようとしてくれているメール
にではないでしょうか?

つまり「出会い系」で女の子からメールの返事が来ないということは、メールの返事を書くのに値しない内容しか書けていないということなのです。

「出会い系」で返事が貰えるメールの書き方とは?

とはいえ、いきなり0から書くのは難しいのでまずは例文をご覧下さい。

送信メールの例
【相手の名前】さん、はじめまして。

【場所】で【仕事】をしている【あなたの名前】です。
プロフィールを見て、気になってメールしました!

【相手の名前】さんは【趣味】がお好きなんですね。
私も【趣味】が好きでよく【趣味の内容】したりします。
他にお勧めのものがあれば是非教えて欲しいです。

お仕事は何をされていますか?
予定があえば仕事帰りなどに一緒に食事でもできたら嬉しいです。

是非【相手の名前】さんと仲良くなりたいので、お返事待っています。

ありきたりかもしれませんが、例文は以上です。
【 】の部分は都度書き換えて下さい。
また、趣味の内容はこのままでは話が通じないことも多々あるのでそこは相手に合わせて書き換えます。
内容に関しては出来るだけ「相手に話させる」ことを意識して下さい。
例えば、映画が好きな子に「あなたが好きな映画の話」を振っても相手は盛り上がりません。
「相手が好きな映画の話」が広がるようにメールを書くのです。

プロフィール例
人見知りだけど慣れると懐きます。
一緒に遊べる友達が少ないので、気軽に遊べたり趣味を共有出来る人と仲良くなりたいです。
アニメや漫画、映画鑑賞が好きなので、趣味が合う人はまず声を掛けてみてください。

よろしくおねがいします!

こんなプロフィールであれば、

送信メールの趣味の例
【相手の名前】さんはアニメや漫画、映画がお好きなんですね。
私も映画が好きでよく1人で観に行ったりします。
最近見た映画で何か面白いものはありましたか?
お勧めがあれば教えて欲しいです。

趣味の部分をこのように書き換えて返してください。
他は同じで構いません。

気をつけるべきのコツ

慣れてきたらこのファーストメールを少しずつ変えていき自分なりのファーストメールを作成してください。
そうすることでより相手に「メールを返したい」と思わせることができます。

そのために幾つか、守らなければならないポイントや押さえておくべきコツがありますので、それを紹介します。

簡単な自己紹介をいれる

あなたの事がわからないのに話してみようと思う女の子はいません。
「プロフィールに書いてあるからいいや」といって飛ばすのもよくありません。
メールを読んでも興味がわかなければプロフィールを読もうとすらしてくれないからです。

相手の名前を入れる

相手に呼びかけることで「このメールは私に書いてくれたものだ」ということが伝わります。
細かいことですが、意識して文章の中に入れていきましょう。
それだけでも、そのメールがコピペではなく、相手の女性のために書かれたものだということが分かります。

相手のどこに興味を持ったのかを伝える

人は「自分に興味を持ってくれた相手」に反応しようとします。
特に相手がプロフィールに書いていることは「反応してほしい内容」ですので、それに触れてあげるようにしましょう。

質問をして相手が返事をしやすいようにする

返事を書くときにどういう返事を書けばいいのか悩まないように簡単な質問を挟んであげましょう。
伝えるだけ伝えるとそれで会話が終わったようになってしまい、女の子がどうメールを返すべきか考え込んでしまいます。

共通項を必ず取り入れよう

「共通項」があれば「まずは話してみたいな」と思うものです。
ですので、必ず共通項に関する記載をしましょう。
一致する趣味があればそれで構いませんし、共通しないとしても「詳しくないが興味がある」と趣味を合わせるようにします。

文章は長すぎず適度に改行を入れよう

メールはずらずら書いていくと長くなってしまいもの凄く読みにくくなります。
また、読みにくい上に返事が大変になるので返事を貰えなくなってしまいます。
「読みやすさ」を意識して、適度な長さにし適度に改行をいれましょう。

丁寧に話そう

見ず知らずの人間にタメ口で話されて気分の良い人はいません。
相手がずっと年下だったとしてもまずは丁寧なメールを送ることを心がけて下さい。

容姿・体型、住所など個人に踏み込んだ質問をしない

いきなりこれらの事に触れられて良い気持ちがする女性はいません。
仲良くなってから聞き出せば良いのですから、いきなりはやめましょう。

最後に

最初はテンプレの内容を使っていき、徐々に自分なりのベストを作り上げてくのがお勧めです。
初めはとにかく数をこなすことで「より良いセフレメール」が見えてくる筈です。

女性別、職業別などに数パターンのテンプレートを用意していくとメールの送信が楽になっていくので、相手のタイプによっても使い分けをしてみてください。

次はいよいよ「出会ってからセックスをどうするか」です。